ソーシャルやSEO、アクセス解析データ等、メジャーな分析ツールのデータを1箇所で確認できるようにするサービス。

あらゆるビジネスツールのデータを1箇所にまとめる「neatly.io」

2015-11-02 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

neatly.io

マーケの担当者は、サイトを成長させるためにデータを分析し、改善を繰り返していくわけですが、その分析をおこなうツールは多岐にわたり、いくつものツールを別々のブラウザタブに開いて調査する作業に時間を多くかけていることもあるのではないでしょうか。

APIを使って1箇所にマージするなどしてしまえば、そのような作業もなくなるわけですが、とはいえ、そう簡単にはいかない環境であることも多いでしょう。

そんなときに役立ちそうなのが、今回ご紹介するツールのデータをまとめて確認できるサービスです。

スポンサードリンク

あらゆるツールのデータをワンストップで確認できる「neatly.io」

Neatly.io」は、ビジネスで利用するデータをひとつのダッシュボードにまとめることができるオンラインサービス。

無料版では3つのツールのデータまで取り込むことができ、月額9.99ユーロで10個のツールまで対応できるようになります。

あらゆるビジネスツールのデータを取り込める

SEOならMOZやGoogle Search Console、ソーシャルならFacebookやTwitter、Instagram、YouTube、Linkedinなどに対応。

SEOならMOZやGoogle Search Console、ソーシャルならFacebookやTwitter、Instagram、YouTube、Linkedinなどに対応。

アクセス解析やCRM、SEO、Eコマースそしてソーシャルなど、あらゆるメジャーなツールやアカウントに対応していて、それぞれ重要なデータサマリをダッシュボードに表示させることができます。

ダッシュボードに重要なデータを表示

こちらはFacebookページのデータ。年代別のインプレッション数やいいね数など、重要な指標のデータを表示します。

こちらはFacebookページのデータ。年代別のインプレッション数やいいね数など、重要な指標のデータを表示します。

ダッシュボードはツールごとにタブで画面をわけられていて、それぞれのタブで重要なデータのみを表示。

Google Search Consoleならばインデックス数のほかエラーや警告の数値を表示。

Google Search Consoleならばインデックス数のほかエラーや警告の数値を表示。

バラバラにチェックする必要があるものはけっこう忘れがち。ダッシュボードに追加しておけばチェック漏れを防ぐことができますね。

画像は昨日データベースが大変なことになった時のエラー。

画像は昨日データベースが大変なことになった時のエラー。

表示されている数値をクリックすると、その詳細データを一覧します。

ツールのON/OFFが簡単

ツールからのデータ取り込みを設定する画面。

ツールからのデータ取り込みを設定する画面。

無料版で3つまでですが、ON/OFFを容易に切り替えられるので、どれくらい使えるかを試してから有料版に移行することも可能。あわよくば無料版でも十分に使えてしまうかも。

興味があるかたはNeatly.ioへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする