ダウンロード回数の計測も可能。

PDFやパワポなどをQRコードでカンタンに共有できる「TagMyDoc」

2011-12-01 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

iPhoneやiPad、Androidなどのデバイスでパワーポイントやワード、PDFの書類を見る機会が増えていますよね。

友人や同僚、上司にドキュメントを見せるときにはメールが主流だったわけですが、それがいまや、DropboxやGoogleドキュメントといったクラウドサービスにも選択肢が広がり、先に挙げたようなモバイル端末からの閲覧も選択肢に入ってきます。

そこで今回は、モバイル端末でドキュメントを共有するのに最適なサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

モバイル端末にドキュメントを共有するのに便利な「TagMyDoc」

TagMyDoc」は、無料で最大1GBのドキュメントを保存でき、ドキュメントをアップロードするとすぐさまQRコードを発行してくれるストレージサービス。

アップロードしたファイルにもQRコードがプリントされるので、ドキュメントをダウンロードした人が、カンタンにモバイル端末でもダウンロードすることができます。

サンプルQRコード


↑これがファイルをアップロードしたときに生成されたQRコード。これをQRコードリーダーで読み取ると、ドキュメントのダウンロードが開始されます。(このドキュメントはGoogleのSEOレポートです。)

10種類のファイル形式に対応

対応するファイル形式は、jpg、tiff、png、bmp、gif、doc、docx、ppt、pptx そして pdf。アップロードするといずれのファイルにもQRコードがプリントされます。プリント位置の設定も可能。

ファイルのダウンロード計測や管理も可能

ダウンロード回数の解析
↑登録しなくても利用できますが、無料登録をすれば最大1GBのファイルを管理でき、ダウンロード回数の解析もおこなえます。

パスワードの設定も可能

パスワードの設定
↑ファイルをアップロードする際に、パスワードの設定をおこなうこともできます。

パスワード認証
↑パスワードを設定しておけば、ダウンロードする際にパスワードを求められるようになります。

興味がある方はTagMyDocへどうぞ。

ダウンロード回数も計測できるし、パスワードの設定も可能なので、使い道はなかなか広そうですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする