利用しているWEBサービスでエラーが起きたとき、場合によっては運営元にそのエラーをフィードバックするわけですが、お問合せフォームから言葉で伝える

フィードバックを説明付きスクリーンショットで送れるお問合せフォーム「Wishbox」

2011-11-29 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

説明付きの画像でフィードバックできる問合せフォーム

利用しているWEBサービスでエラーが起きたとき、場合によっては運営元にそのエラーをフィードバックするわけですが、お問合せフォームから言葉で伝えるのってなかなか大変ですよね。

そういった場合、送ってはみたものの大抵は「どのような状況でブラウザは何で、何をしたときにそうなったのでしょう、こちらでは再現できず・・・」等と言われ、意気消沈するようなこともあるのでは?

こういったコミュニケーション起因のロスは運営側もせっかくのフィードバックをムダにしてしまうのですから、あまりにももったいない。

今回は、そんなときに使える手軽なサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

説明付きの画像でフィードバックできる問合せフォーム「Wishbox」

Wishbox」は、見ているページをスクリーンキャプチャして、画像にコメントや描画を入れてメール送信することができるフィードバック用のお問合せフォーム。

メールフォーム作成サービスJotFormを使ったもので、月間100件まで無料で利用できます。受け取ったファイルをDropboxへ自動保存できるDropbox Formと同じような位置づけのものですね。

ページ上で、キャプチャ画像にコメントできる

キャプチャ画像にコメント
↑設定した場所にあるボタンを押すと、そのページの画面キャプチャを撮り、画像の編集画面がその場に開きます。ここでエラーが起きた部分の説明を入れることができます。キャプチャの日本語は文字化けしますが、入力は日本語もOKです。

メールフォーム
↑編集画面右下のチェックマークのボタンを押すと、メールフォームが開きます。ここで補足などを入れてフォームを送信できます。

画像つきの通知メールが届く

通知メール
↑フォームが送信されると、運営者に通知メールが届きます。このメールに、さきほど説明を入れたキャプチャ画像が添付されています。

通知メールなどのカスタマイズ

カスタマイズ
↑JotFormの画面でフォームをカスタマイズすることも可能。通知メールが英語になっているので、この画面でわかりやすいものに変更することもできます。

興味がある方はWishboxへどうぞ。

設定手順


↑まずWishboxのページを開き、上記画像のようなボタンを押します。

Step 1
↑次に開く「Step 1」の画面でメール通知するアドレスを指定します。

フォーム生成
↑するとフォームが自動生成されていきます。

フォームのタグ
↑自動生成が完了するとフォームのタグが発行されます。この画面で色味やサイズ、ボタンを表示する場所などを変更することも出来ます。


↑このタグをサイト内のどこかに設置すれば、サイトにボタンが表示されるようになります。

Wishboxは、いわゆるマッシュアップサービスですが、ひとつの根幹となるサービスがあり、それに付随してさまざまなマーケティング視点での商品を提供するのはおもしろいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする