自分だけでなく、仕事やプライベートで関わる相手にも、リマインドメールで元のメールの内容を送ってくれる仕事効率化ツール。

リマインドメールを仕事を依頼した相手にも送ってくれる「FollowUpThen」

2010-07-05 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

「あとでリマインド」してくれる「FollowUpThen」

自分にリマインドメールを送ってくれるサービスはたくさんあります。しかし、多くの仕事は一緒にひとつのプロジェクトを進めるケースが大半のはず。

そのため、一緒に仕事をするパートナーの仕事も効率化しなければ、プロジェクト全体の効率化は図れませんよね。

今回はそんなケースでも、確実に実行する日を決めておけば、その時に最初に送ったメールの内容とともにリマインドしてくれるお役立ちサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

「あとでリマインド」してくれる「FollowUpThen」

FollowUpThen」は、時間指定したメールアドレスを cc や bcc に入れておくだけで、指定した時間にリマインドメールでその内容を送ってくれるサービス。

日本時間の設定がないので、「◯分後」「◯時間後」「◯日後」といった指定方法が現実的ですが、自分だけでなく、メールを送った相手にも、最初のメールの内容を含めたリマインドメールを自動的に送ることができるため、格段に仕事効率をアップさせてくれそうです。

メールの内容もリマインドしてくれる

メールの内容もリマインド
↑たとえばこんなToDoリストも、指定した時間に内容ごと送ってくれるので、メールを検索して振り返ることも不要です。

メールを送った相手にもリマインド可能

相手にもリマインドメール
↑相手にメールを送る際に、Ccへ時間指定アドレスを追加しておけば、相手にも同じ内容のリマインドメールを送ることができます。
(※)相手が自分に「全員へ返信」してしまうと、その時間を起点にしたリマインドメールを送るのでご注意ください。)

自分に届くリマインドメール
↑ちなみにこちらが自分に届くリマインドメール。違いは相手に届くメールに「Reply」ボタンが付くところです。

最初のメール
↑そして、これが最初に To へ相手のメールアドレス、Cc に時間指定アドレスを入れて送ったメールです。

リマインダーの時間指定方法

リマインダーは、以下の例のようなメールアドレスを、CcやBccに追加だけで設定することができます。ただし、初回のみ送られてきたメールにあるURLを開いて、CAPTCHA認証を受ける必要があります。

時間
1minute@followupthen.com
5minutes@followupthen.com
2hours@followupthen.com
3days@followupthen.com
4weeks@followupthen.com
5months@followupthen.com
6years@followupthen.com
曜日
tuesday@followupthen.com
wed@followupthen.com
※日本時間ではないのでご注意を。
日付
aug30@followupthen.com
2010-08-30@followupthen.com
※日本時間ではないのでご注意を。

リマインドメールの受け取り方法について

  • CC:あなたとメールの受信者双方がリマインドメールを受け取る
  • BCC:あなただけがリマインドメールを受け取る
  • TO:あなただけがリマインドメールを受け取る

試してみたい方は上記のメールアドレスにテストメールを送ってみてください。

本当の意味での仕事効率化というものは、自分だけでなく、仕事に関わる相手も含めて行うものですから、このような機能があると、非常に助かります。

仕事以外でも、「誕生日にこれ買って!」であるとか、「中学生になったら〇〇していいよ。」という親のメールの返信に使うといった手も考えられますねw

Via:delicious

「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法
価格:¥ 1,500
平均評価:4.5
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする