ゴミ箱から消してしまっても復元は可能です。

うっかりゴミ箱からも消してしまったファイルデータを復元するフリーソフト

2007-06-28 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

うっかりゴミ箱から消してしまったファイルデータを復元するフリーソフトUndelete+

いらないと思ってゴミ箱に入れておき、PCが重いからゴミ箱の中身も消してから必要になるファイルって結構あると思います。それを復元するいいファイルデータ復元ソフトがありました。

スポンサードリンク

Undelete Plus スタートアップガイド

ソフトのダウンロードは、Undelete Plus 2.9 – 1.06 Mb – FREEのページへ行き、下記画像の右下にあるような「Download」というリンクからできます。
ファイルデータ復元フリーソフトのダウンロード画面
インストーラーなしの軽いバージョンもあります。「Undelete Plus 2.91 portable – 542 Kb – FREE」というリンクからどうぞ。
ちなみにソフトを開くとたくさん国旗のボタンがありますが、日本の国旗を押せば日本語化されます。

Step 1 ファイルがあったドライブを選択する

削除ファイル検索
消してしまったファイルがあったであろうドライブを選択しましょう。

Step 2 – スキャン開始

復元できるファイルをスキャン
スキャン開始ボタンを押してください。復元できる可能性のあるファイルが検索結果に表示されます。

Step 3 – 結果の管理

復元可能ファイルの検索結果
左側にはファイル形式別にデータ数が表示され、右側には、復元可能な削除したファイルの一覧が表示されます。

Step 4 – ファイル復元の実行

復元したいファイルを見つけたら、ファイル名の左にあるチェックボックスにチェックをいれ、「復元を実行」ボタンを押して、ファイル復元を実行しましょう。
ファイル復元の実行

ファイルを復元するフォルダは下記のように指定してください。
ファイルを復元するフォルダの指定

ファイルを復元するときは、必ず元にあったフォルダとは違うところを指定しましょう。
万一新しく更新した同名のファイルがあった場合に、データを上書きしてしまいますからね。

Undelete Plus

http://www.undelete-plus.com/
ファイルデータを復元するフリーソフト
速効!図解 完全復元2008 Windows Vista/XP/2000対応 (速効!図解シリーズ)速効!図解 完全復元2008 Windows Vista/XP/2000対応 (速効!図解シリーズ)
価格:¥ 1,995
平均評価:
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by WEB担当者向けの書籍ランキング
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする