Dropboxをファイル転送サービスとして使えるようにできるサービス。

自分のDropboxへファイル転送してもらうときに便利なパスワード付きページ「DropItToMe」

2010-10-13 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

Dropboxをファイル転送に

大容量ファイルの受け渡しをする際に、Dropboxが使えたらいいのにと思うこと、ありますよね。

それを実現しようとすると、通常であれば自分のDropboxアカウントを教える必要があり、リスクをはらんでしまいます。

そんなリスクを解消してくれるのが、今回ご紹介するサービスです。

スポンサードリンク

ファイル転送に便利なDropbox用パスワード付ページ

DROPitTOme」は、あなたのDropboxへ、専用のパスワード付きウェブページを使って他人がファイルをアップロードできるサービス。

大容量ファイルの受け渡しをよりスムーズかつ安全に行うことが可能になります。

パスワード付きページで安全にファイル転送

ログイン画面
↑専用ページを作成し、ファイルを渡してもらう相手にURLを教えます。

ファイルアップロード
↑あなたが設定したパスワードでログインしてもらい、ファイルをアップロード(一度に最大75MB)すると。

ドロップボックス
↑Dropboxに「DROPitTOme」というフォルダが作成され、その中にファイルが保存されます。

初期設定

  1. まずDROPitTOmeのページで「REGISTER」ボタンを押します。
    アカウント作成
  2. 次にDropboxにログインしていると接続承認画面が出るので、ここで「Allow」ボタンを押します。
    Dropboxの承認画面
  3. するとDROPitTOmeのアカウント作成画面が開くので、専用ページのパスワードと共に作成をおこないます。
    アカウント作成画面
  4. アカウント作成が完了すると、専用ページのURLが発行されるので、それを相手に教えればOKです。
    ログイン画面

興味のある方はDROPitTOmeへどうぞ。

あったらいいなを実現してしまったこのサービス。Dropbox側としても利用促進を図ることができて良いですね。

Via:delicious

エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる! クラウド情報整理術エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる! クラウド情報整理術
価格:¥ 1,575
平均評価:5.0
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする