サービスのローンチ前にカンタンなペライチのサイトにニュースレターの登録フォームを設置するようなケースも多くあると思います。 有料のサービスを使え

ニュースレターの登録と配信を手軽におこなえる「Upscribe」

2016-12-05 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

Upscribe

サービスのローンチ前にカンタンなペライチのサイトにニュースレターの登録フォームを設置するようなケースも多くあると思います。

有料のサービスを使えばカンタンにできる仕組みではあるのですが、できればローンチ前のサービスにはあまりコストを掛けたくないところ。

そこで今回は、無料でカンタンにニュースレターの登録フォームを作れて、メール配信もできてしまうサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

ニュースレターの登録とメール配信を無料でできる「Upscribe」

Upscribe」は、ニュースレター登録フォームを生成し、その登録リストへのメール配信もおこなえるサービス。

獲得するリストはメールアドレスのみですが、たとえばローンチ前のサービスにどれくらいのひとが興味関心を持ってくれているかを測ったりするにも使えそうです。

サクッと登録フォームを作成

サンプル登録フォーム

このような埋込み型のニュースレター登録フォームを手軽に作成することができます。

作り方
まずニュースレターの名前をつけて、説明文、ロゴ、色を指定。

まずニュースレターの名前をつけて、説明文、ロゴ、色を指定。

無料アカウントを作成。Google、Facebookアカウントを使うことも可能です。

無料アカウントを作成。Google、Facebookアカウントを使うことも可能です。

Mailchimpなどのメール配信サービスと連携することも可能。

Mailchimpなどのメール配信サービスと連携することも可能。

Mailchimpなどのメール配信サービスと連携し、リストをエクスポートすることも可能。ここでは設定をスキップしてしまっても問題ありません。

一番下の選択肢から「Google sheet」という連携先を指定できるのですが、設定したもののどこにリストが連携されるのかは不明でした。本サービスに登録したらリストをエクスポートできると記載されていたので、やり方がわかったらこちらで共有いたします。

すると登録フォームが生成されて、URLも発行されます。

すると登録フォームが生成されて、URLも発行されます。

登録フォームを埋め込み&ソーシャルへシェア

登録フォームを作成したら、TwitterやFacebookなどに投稿するか、このページのようにiframeを使って埋め込んでニュースレターの登録を開始します。

埋め込み用のタグを生成してくれないので、自分でiframeのタグを作ることになります。

一応、参考までにちゃんと表示されたiframeのタグを記載しておきます。(レスポンシブも視野に入れてますが、環境によって変更してください。)

<iframe src="★ここにURL★" frameborder="0" scrolling="no" width="100%" height="450"></iframe>

登録フォームの下にニュースレター登録解除のリンクを表示させることを想定したサイズにしています。

ニュースレターを配信

ニュースレターを一斉送信できます。

ニュースレターを一斉送信できます。

非常にシンプルなものですが、ニュースレターを配信する機能も持っています。

配信するリストを選択し、題名と本文を入力して送信します。リストを選択するときに行頭に表示されるカッコ内の数字はリストの登録者数、つまりこれから配信するメールの配信数です。

カンタンな文字装飾も可能。

カンタンな文字装飾も可能。

こちらもシンプルではありますが、太字や見出し、テキストリンク、引用などの文字装飾もできるようになっています。ただ、おそらくアクセス解析の画像タグのようなものまでは設置できないようになっているようです。

メール配信のページは、右上にあるメニューの吹き出しアイコンから入ることができます。

メール配信のページは、右上にあるメニューの吹き出しアイコンから入ることができます。

配信されたメールはこちら。

配信されたメールはこちら。

興味があるかたはUpscribeへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする