タイトルや、内容どうこうではなくて、Google AdsenseのオフィシャルブログであるInside AdSenseに、アメリカのトップブロガ

AdSenseで もっと稼ぎたい人が実験すべき6つの項目

2009-02-09 | Sigeo | 0 | カテゴリ ブログ 更新・成功のヒント

アドセンスの収益を上げるためにやるべき行動のヒント

タイトルや、内容どうこうではなくて、Google AdsenseのオフィシャルブログであるInside AdSenseに、アメリカのトップブロガー、「ProBlogger」の著者が出ていたことに感動を覚えてしまって書いています。

スポンサードリンク

AdSenseでの収入を増加させるために実験すべき6つのこと

Problogger本人は、既に広告ネットワークなどの関係でAdsenseはブログでは一切使っていないのですが、私も彼のエントリを読むことで、どれだけ影響を受けたか分かりません。

とうわけで、彼の言う6つの実験すべきことを以下に。

  • 広告の位置
  • 表示する広告の数
  • 広告のデザイン
  • 広告のサイズ
  • 広告フォーマットの種類
  • どんな内容の記事で収益が高いか

なるほど、再考させられますね。 いろいろなところで今回のような内容を紹介されているので、もう見飽きたという方もいらっしゃるかもしれませんが、復習の意味もかねてカンタンに持論を交えて。

広告の位置
最近のメジャートレンドとしては一般的に記事上(タイトル下に境界線を設けた上で)が一番、その次に記事下と言われていますよね。
それと共に、こちらのヒートマップにもあるように、何箇所か広告効果の高い位置があります。
しかしこれもケース バイ ケースで、私も数十のサイトを運営していますが、サイトのジャンルや読者さんの目線をどのように誘導するナビゲーションになっているかによっても変わってくると感じています。
既に収益があがっている広告枠を移動させるのは勇気がいることですけど、そこで敢えてやってみることが効果に結びつくわけですね。下がってしまったら「やっぱりあっていたのか」となるし、あがったら嬉しいのですから。
たまに頑張りすぎて、広告配信を停止されることもありますが、そこはAdsense担当者とのコミュニケーションもとれるので悪くないもんですww(Yahoo!は止めるばっかりで 連絡すら取ろうとしませんから。)
表示する広告の数
広告ユニットとリンクユニットは3つまで、検索ボックス2つまでと言われていますよね、ただ、広告が至近距離にたくさん配置されているのは、読者さんにとっては目障りでしかありません。 と、言っている私も よくお叱りを受けているのですがww
それでも、Probloggerは、「サイト上に3つ以上の広告を設置することを恐れるな」と言っています。もちろん、そこには内容の充実したコンテンツがあってこそなのですが。とにかく試してみるということは大事ですよね。 意外と目障りでもないのに収益が増えたりしますから。
広告のデザイン
「背景やコンテンツに溶け込ませると良い」とよく言われていましたが、逆にちょっとだけ「広告だ」と主張していたほうが クリックしていただけたりするんです。(やりすぎは逆効果ですw)
結構勇気の要ることですが、私の場合は広告配信が停止されたときに思い切って 目立つように変えたところ、収益が増加しましたw
気になったものはクリックして見る。 インターネット広告もこういうところまで来ているんでしょうね。
広告のサイズ
「でかけりゃでかいほうが良い。」Probloggerが以前にも言っていたことです。 しかし、私は敢えて ひとまわり小さいものを設置しています。 つまり、300 x 250 よりも 336 x 280 の方がよいという結果が出ているわけなのですが、私は300 x 250 を記事上に使っています。
なぜなら、収益よりも、なんとかファーストインプレッションで文字が見えるようにしたかったんですww それでもちょっと微妙ですけどね。。。
ここは収益よりもちょっとした気遣い!?ww 単体の効果としては大きいほうが良いのでしょうね。
広告フォーマットの種類
Probloggerの調査結果では、リンクユニットが一番効果的だったところもあったとの事。
やはりテストしてみなければ分からないことなのですが、私の場合、リンクユニットには良い思い出がなく、設置するたびに「ガイドラインに違反」と止められてしまうのでしっかりテストで来ていませんw
ここは私もテストを重ねるべきところのようです。 ただし、Probloggerの言うとおり、効果が高いところも必ずあるということは確かなはずです。(でなきゃ存在するわけがないですから、CPAはなくなったのに。
どんな内容の記事で収益が高いか
アフィリエイターの間などで「○○というキーワードを交えていくと単価がアップする」といううわさがあったりしますが、まさにそのとおり、例えば芸能ネタ系は単価が低かったり、通販や保険、不動産系は高かったりと、いろいろな要素があるわけです。
そのためにも、Google Analyticsに追加されたAdsenseクリック測定はかなり役立ちますし、新たな発見もあります。 いままで一般的に言われていた常識をも覆す結果が出ることがあるかも
設定方法はAnalytics で AdSense データを解析にあるとおりです。

なんにせよ、まず勇気を出して行動を起こしてみること。 これが一番重要なのではないでしょうか。 今回あがっている6つのうち、ひとつでも気になることがあったら、即アクションをおこしてみる。

人生で成功を収めている方々の共通点でもありますよね。

参考になる言葉

「成功者は、『一つでいい』と考え、確実にその一つを行動に移していく。一つを行動して、順番にその次を行動に移せばよい。その積み重ねだけが成功を導く。」

引用元:[凡人の野望]

Via:Six ways to experiment with AdSense and grow your earnings

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする