Chrome Web StoreでインストールしたGoogleなどのアプリをコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から開けるようにするChr

コンテキストメニューからアプリを開けるChrome拡張「Apps list from context menu」

2011-01-07 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome, Google 全般

コンテキストメニューからアプリを開けるChrome拡張機能

昨年暮れに英語版のみでリリースされたChrome Web Storeですが、使いたいアプリをインストールすると、新しいタブにアプリへのショートカットを表示できて、これだけでもなかなか便利。

「固定されたタブとして開く」設定をしておけば、ファビコンのみが表示されたコンパクトなタブになって、左側に開いておけるので、これもまたなかなか。

さらに、それらのインストールしたアプリを、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)から開けるようにしてくれるのが、今回ご紹介するGoogle Crome 拡張機能です。

スポンサードリンク

コンテキストメニューからアプリを開けるChrome拡張機能

Apps list from context menu」は、Google Cromeのコンテキストメニューから、Chrome Web Storeでインストールしたアプリを開けるようにするCrome 拡張機能。

GmailやGoogleリーダーなどの各種Googleアプリをはじめ、Todo.lyやHootSuiteなどなど、インストールしていれば、さまざまな人気アプリをコンテキストメニューから開けるようになります。

コンテキストメニューから各種アプリを開ける

コンテキストメニュー
↑画像のように、右クリックして表示されるコンテキストメニューの「Apps」を選択すると、Google Cromeにインストールしたアプリを開けるようになります。

新しいタブからお気に入りのアプリを開けるのも便利ですが、さらにウェブページを開いた状態から、アプリを開けるようになるのは、新しいタブを開く手間を省けるので非常に便利です。

拡張機能の管理
↑「Chrome Web Store」と「拡張機能を管理」のリンクがあるのも良いですね。

試してみたい方はApps list from context menuのページでインストールしてください。

アプリが次々にクラウド化され、ストレージの単価が安くなってくると、もはやパソコンはブラウジングする機能だけあれば十分になってしまいますよね。

こういったGoogleの提供するサービスやアプリに触れていると、本当にそれを実感せざるを得ません。

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイルクラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
価格:¥ 1,575
平均評価:★★★★☆
納期:通常2~4週間以内に発送
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする