操作性の高いGoogleマップを利用することで、非常にわかりやすいサービスエリアマップ。

サービスエリアマップなどにGoogle Maps APIを使った事例4つ

2009-05-22 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google マップ, Google 全般

サービス提供範囲がわかりやすいエリアマップ

サービス範囲を色分けして見せるものはたくさんありますが、なおかつ操作性の高いGoogleマップを利用していると、非常にわかりやすくなるようです。

スポンサードリンク

訪問型獣医サービス対応範囲


↑地域ごとの出張金額が色分けされています。


↑住所を検索しても、金額が表示されます。
マップのページはこちら

現在地からの所要時間を視覚化


↑ニューヨークの指定した場所からの所要時間を色分けしてくれるマップ。「Triptrop NYC」
マップのページはこちら

クリック位置からの距離を視覚化


↑マップ上でクリックした位置からの距離を視覚化し、道路での距離も表示。
マップのページはこちら

車での所要時間を視覚化


↑クリックした位置からの車での所要時間を視覚化。
マップのページはこちら

あまりにもわかりやすすぎて、逆に問題になるリスクを持つのかもしれませんが、こういった表示をしてくれるとわかりやすくて良いですよね。

いろいろと応用も利きそうです。

Via:Mapping News by Mapperz

クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図
価格:¥ 1,890
平均評価:4.5
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by WEB担当者向けの書籍ランキング
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする