WEB担当者向けの、最速ブラウザ Google Chrome(クロム) 拡張機能。

WEB担当者向け(SEO)のChrome拡張機能 まとめ

2010-03-01 | Sigeo | 1件 | カテゴリ Google Chrome

WEB担当者向けChrome拡張機能

このエントリは、厳選Google Chrome 拡張機能 まとめのうちのWEB担当者向け拡張機能を分けてまとめたものです。

スポンサードリンク

WEB担当者お役立ち系 拡張機能

Chrome拡張機能まとめ記事全体でのコンセプトになりますが、同じような機能を持っているものであれば、一番オススメのものだけ、または特徴別にご紹介しています。

最近の更新

2011年2月5日:コンテンツの管理方法を変更したため、拡張機能単位でブックマークしていただいた場所に辿りつかない場合がございます。ご迷惑をおかけします。

目次

WEB担当者お役立ち系以外の項目は、別のページに移動します。

SEO系

SEO系をご紹介します。

SEOチェック 全部入りボタン


↑SEO解析に必要な多くのデータを、一括でわかりやすく表示してくれるChrome拡張機能。SEOmoz のドメイン ランクをボタンに表示するため、本質的なサイトの強さを知ることができます。

Google ページランク表示

Google PageRank
↑Googleツールバーと同じように表示。ただしテーマによっては吹き出し上の ”Page Rank ~” が見えなくなります。。。

Google ページランクとAlexaランクを表示

ページランクとAlexaランクグラフを表示
↑ページランクとAlexaランクのグラフを表示するボタン。

被リンク元ページをページランク込みでサクサク表示する、RapidSiteCheck へのリンクが付いているのも便利なポイントです。

SEOチェック機能まとめ

Chrome SEO
↑ドメイン年齢(web.archive.org)やAlexa、Whoisなどのツールで、見ているページをチェックできるボタン。

英語版にしかないGoogleトレンドのサイトチェックや、Twitter検索のチェックが付いているのも便利です。
Googleページランクチェック等の機能も実装予定。

開いたページのMETA情報やnofollowリンクを視覚化

META情報を表示
↑ボタンを押さなくても、自動的にタイトルやdescription、canonical属性などを表示。

nofollowリンクを視覚化
↑nofollowリンクを視覚化。

開いたページのトラフィックをチェック

トラフィックのグラフを表示
↑Google トレンド, Alexa.com, Compete.com の3つのグラフを表示するボタンを追加。

  • SitezMeter インストールページ

短縮URL系

短縮URL系をご紹介します。

Googleの短縮URL生成ボタン

goo.gl url shortener
↑Googleの短縮URLを生成するボタンです。

短縮URLサービスまとめボタン

ChromeMUSE
↑Google Chromeで複数の短縮URLを使い分けやすくしてくれる拡張機能。

複数タブのURLを一気にBit.lyで短縮URLに変換

Chrome拡張「Tab Bundles」

ボタンを押すと、開いている複数のタブを、Bit.lyで一気に短縮URL化することができるChrome拡張機能。

Bit.lyの新しい機能”bundle”を使って複数ページを共有したい時にも便利なものになっています。

Tab Bundles の詳細

ページチェック系

ページチェック系をご紹介します。

W3C HTML構文チェックを視覚化

HTML Validation
↑アイコンで Valid か Not Valid かを視覚化。ボタンを押すと、その場でW3C の html 構文チェックのエラー結果を表示してくれます。

ページのソースを表示するボタン

ページのソースを表示
↑「ページのソースを表示」ボタンをアドレスバーに表示。

JavaScriptのイベントトラッキングなどを見える化

Inline-Code-Finder
↑ボタンを押すと、開いたページのJavaScriptのイベントトラッキングやリンクなどをページ上に表示してくれます。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“WEB担当者向け(SEO)のChrome拡張機能 まとめ”へのコメント1つ

コメントする