フリーソフト。

画像からカラーパレットを生成しカラーコードをHEXやRGB形式でコピーできる「Pictures To Color」

2011-11-08 | Sigeo | 0 | カテゴリ 便利なフリーソフト

画像から色コードをコピー、一覧できる「Pictures To Color」

画像からカラーコードを取得するようなサービスにはPic2Colorのようなものもありますが、配色を一覧するカラーパレットの操作性や視認性がいまいちだったり、カラーコードがHEX形式だけだったりします。

また、サイトから直接使っている色を抜き出すI Like Your Colorsのようなものは、これまた見た目もいまいちで、HEXのみ。どれも一長一短ありといった感じです。

今回ご紹介するのは、カラーコードをHEX以外のRGBなどの形式でもクリップボードにコピーでき、配色のカラーパレットをHTMLで一覧することもできるWindows用のフリーソフトです。

スポンサードリンク

画像から色コードをコピー、一覧できる「Pictures To Color」

Pictures to Color」は、選択した画像で使われているカラーコードを一覧し、カラーコードのコピーやカラーパレットの生成をおこなえるWindow用のフリーソフト。

配色のカラーパレットはHTML形式で保存することができ、ひとに共有したいときにも便利です。

画像からカラーパレットを生成

カラーパレット
↑画像を選択すると、その画像で使われている色をカラーパレットで表示してくれます。ブラウザの拡張機能よりは一手間かかりますが、Screenpressoなどでサイトのキャプチャを撮ってサイトの配色を抜き出すことも出来ますね。

カラーパレットからカラーコードをコピー

カラーコードをコピー
↑表示されたカラーコードの横にあるアイコンをクリックし、カラーコードを選択すると、クリップボードにコピーされます。

コピーできるカラーコードの形式は、

  • HEX 「#ffffff」
  • RGB 「rgb(255,255,255)」
  • HSB 「hsb(0,0,100)」
  • HSL 「hsl(0,0%,100%)」

の4種類。それぞれ大文字や小文字など、複数の表現から選択してコピーすることが可能。読み取る画像のファイル形式はjpgやpngを始め、icoやpsd形式などにも対応しています。

カラーパレットをHTML形式で保存

→ ページを開いて全体を見る

↑このカラーパレットはGoogleの検索結果ページをキャプチャして分析したもの。こちらも4種類のカラーコードで表示してくれます。

興味がある方はPictures to Colorへどうぞ。

「picturestocolor-setup.exe」をダウンロードして、そのファイルを起動することで使用できます。

配色を0から考えるのはなかなか難しいことですが、参考にしたいものから色を取り出して使えるようになるのはとても助かりますね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする