忙しい人が Twitter のおもしろさを理解するのに役立ちそうな、TL (タイムライン)クリーニング、RSS購読ツール。

TwitterのTLをクリーニングして、かいついまんでRSSリーダーから閲覧できる「Readtwit」

2009-09-17 | Sigeo | 0 | カテゴリ Twitter (ツイッター)

Twitter のタイムラインをクリーニングし、一部だけ受信する「Readtwit」

Twitter というものは、様々な原因からどうしても時間を浪費してしまうもの。それを改善してくれるのが今回ご紹介するサービス。

フォロー、フォロワー数を維持しつつも、効率よくかいつまんでTLを眺めることが可能になっています。

スポンサードリンク

Twitter のタイムラインをクリーニングし、一部だけ受信する「Readtwit」

Readtwit」は、受信しないユーザーやハッシュタグを登録していくことで TL をクリーニングし、RSSリーダーでその一部を受信できるサービス。

本気で忙しい人が、Twitterのおもしろさを理解するのにも役立ちそうなものになっています。

「Readtwit」の主な特徴

  • Twitter Oauth 経由でログイン
  • ユーザー、またはハッシュタグを除外可能
  • 画像や動画をその場に表示
  • 短縮URLを元のURLに戻す
  • サマリーか全文かを選択可能
  • 更新頻度を5分から2時間の間で調整可能
  • RSSリーダー上からフィルタリング追加可能

※更新間隔を狭めることで受信数を増やすことが出来ます。

早速使ってみます

Readtwitのページを開いて「Get fed」ボタンをクリック。

↑Twitter Oauth経由でログイン。

↑受信しないユーザーやハッシュタグを登録。RSSをサマリー表示にするか、全記事表示にするかを設定でき、受信間隔も指定可能です。

↑生成されるRSSをRSSリーダーで購読。これで完了です。

↑その後のユーザーやハッシュタグの絞込みは、受け取ったRSSから追加登録することが可能です。

↑絞り込んでもラッシュを食らうことがありますが、クリーニングが進めばもっと綺麗なTLになります。

↑リンク先の画像などの情報もRSSに表示。これもなかなか便利な機能。

興味のある方はReadtwitへどうぞ。

どっちにしてもTLの大半は見過ごしているので、こういった使い方もおもしろいのかもしれませんね。

Via:delicious

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする