ウィジェットはブランディング広告の格好のチャンス ユーザーが自己表現ツールとしても使うウィジェットは、ターゲティング広告の新たな可能性を持ってい

従来のインターネット広告のあり方を変えつつある技術とは?

2007-06-08 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBマーケティング 関連

従来のインターネット広告のあり方を変えつつある技術とはウィジェット
ウィジェットはブランディング広告の格好のチャンス ユーザーが自己表現ツールとしても使うウィジェットは、ターゲティング広告の新たな可能性を持っているが、まだ解決すべき問題が幾つかある。(ロイター)

スポンサードリンク

以前にGoogleのブログパーツ?Google AJAX Search APIでGoogleはブログパーツを狙っているのかと言及しましたが、やはり世の中の流れはそういったところに目をつけないはずがないようです。

無料で、使えるツールを、オンライン、オフラインで使える代わりに、そのツールのテーマに合致する広告を配信、またはそういったツールを無償配布することによって、企業のイメージを植えつけさせる。

GoogleもiGoogleのガジェットコンテストを開催するなど、開発者の支援的なことを行っていますが、iGoogleやYahooウィジェットのように一般からガジェットが投稿されるような場は、今後強い媒体力を持つことになりそうですね。

日本ではブログが盛んなお国柄ガ出ており、ブログパーツによるプロモーションや、ブランディングのためのマーケティング手法がビジネスとして成り立ち始めています。

そして、新しいネット広告の流行となりつつある行動ターゲティング広告が、ガジェットやブログパーツと融合してくると、この広告モデルが、より影響力を持ったものとして確立されてくると言う展開になるのでしょうか。

冒頭で述べている、まだ解決すべき問題が幾つかあるとITmediaでも問題を提起しているのが、ComScoreやNielsen//NetRatingsといったインターネット視聴率調査サイトが、ガジェットのモニタリングを行っていないため、その影響力が実際にどれほどのものなのか知る由がないと言うこと。

いったい現状では、どのくらいの視聴率があるものなんでしょうね。

究極のターゲティング―次世代ネット広告テクノロジー
究極のターゲティング―次世代ネット広告テクノロジー
価格:¥ 1,890
平均評価:4.5
納期:通常24時間以内に発送

ITmedia

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする