ブログやサイトの最新情報を購読してもらうには、RSS Feedやメルマガに、いまではFacebookページやTwitterなどといったソーシャル

Facebookメッセンジャーでニュースレターを送れる「Botletter」

2017-09-11 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

botletter

ブログやサイトの最新情報を購読してもらうには、RSS Feedやメルマガに、いまではFacebookページやTwitterなどといったソーシャルメディアのアカウントをフォローしてもらうことが一般的かと思います。しかし、どの手段も開封率や閲覧率、クリック率はそれほど期待できるものではないのが現実です。

最近ではFacebookがメッセンジャーを使ってサイトの読者やファンとコミュニケーションを取る手段を提供してくれていますが、その効果測定などをおこなう仕組みまでを作るとなると、敷居が高くなってしまいますよね。

今回ご紹介するのは、このFacebookのメッセンジャーを使ってサイトの最新情報を購読してもらい、効果測定までをおこなえる仕組みを、手軽に作ることができるサービスです。

スポンサードリンク

FBメッセンジャーでニュースレターを配信する仕組みを作れる「Botletter」

Botletter」は、Facebookメッセンジャーを使ったニュースレターの配信を、配信作業から効果測定までおこなえるようにするサービス。

ニュースレターの作成と配信予約、そして開封率やクリック率のデータを計測してくれる機能を、購読者数1,000人までは無料で使うことができます。

購読ボタンを生成

購読ボタン

これがBotletterを使って作成した購読ボタン。これを押すと、FBメッセンジャー上でFBページアカウントと購読するかどうかのやり取りをおこないます。このやり取りは自動で行われます。

ボタンを設置するには管理画面上で指示されるタグの設置が必要になります。ボタンでなくても管理画面上で発行されるURLを使って購読を促すページへ誘導することも可能です。

生成されたURLのサンプル:http://m.me/157007954330921

購読時のメッセージを作成

最初のやり取りで必要になるメッセージを作成します。

こちらは購読ボタンを押した後のやり取りの会話を設定する画面です。まず購読を促すセリフを入れ、その後に購読する、購読しないの選択肢のボタンに表示する文言を設定。そしてそれぞれのボタンを押した後に表示するセリフを用意します。

管理画面でニュースレターを作成

ニュースレターの名称と配信日時、そして冒頭の案内文を設定。

ニュースレターを配信するには、まずその名称と配信日時を設定します。今すぐ送る「Now」もありますが、実際に配信されるのは2時間後になるようなので注意が必要です。できれば予約配信で日時指定したほうが良さそうです。

2017/09/11追記:タイムゾーンをTokyoにしていても、配信日時を指定しても、数分後に配信されてしまうことがあるかもしれません。もしかすると、タイムゾーン設定がクリアされてしまったのかも。

カードを作成

レターで共有する記事のカードを作成。

ニュースレターには冒頭文とともに共有したい記事のカードを添えることができます。

これまでFacebookページで予約投稿していたものを、このニュースレターでもおこなうようなものです。

Facebookページでの投稿との違いは、読者に対して個別に送ることができるというもので、記事を配信した上で直接のメッセージのやり取りもできるという点が、FBページでの投稿よりも一歩突っ込んだ繋がりになりそうですね。

ニュースレター配信の効果測定ができる

ニュースレターの配信効果測定画面。

配信を終えたあとは、ニュースレターの効果測定をおこなえます。指定した期間ごとの開封率やカードのリンククリック数、クリック率、そしてその男女構成比などを見ることができます。

試してみたい方はBotletterへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアルWordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル
価格:¥ 2,709
平均評価:★★★★★
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by インフォグラフィックをご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする