FlashではなくHTML5で作られたスライドショー、iPhoneでも表示可能。

iPhoneでも表示可能 HTML5のスライドショーをFlickrやPicasa、Facebookのアルバムから作れる「SlideMyPics」

2011-05-23 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

HTML5のスライドショーを画像共有サービスのアルバムから作れる「SlideMyPics」

自分が撮りためた画像を、画像共有サイトに投稿し、さらに自分のサイトでも共有するという機会が増えていますよね。

しかし、多くのスライドショーはFlashで作られていることから、iPhoneなどではスライドショーが表示されません。

そこで今回は、iPhoneでも表示可能なHTML5のスライドショーを、画像共有サイトの画像で作れるサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

HTML5のスライドショーを画像共有サービスのアルバムから作れる「SlideMyPics」

SlideMyPics」は、HTML5のスライドショーを、FlickrやPicasa、Facebookなどのアルバムから作成できるサービス。

FlashではなくHTML5なので、iPhoneなどの端末を気にすることなく使えます。

サンプルスライドショー

SlideMyPicsでは、3つの埋め込み方法でスライドショーをサイトに表示させることができます。

ウィジェット

↑スライドショーをその場に埋め込むシンプルなタイプのスライドショー。

アイコン

↑Lightbox調に、サムネイルをクリックすると、その場にスライドショーをポップアップ表示します。

カスタムリンク

↑「アイコン」と同じポップアップスライドショーを自分の好きなリンク文言で設置できるタイプ。

画像共有サービスのアルバムから画像を追加

画像アルバムを選択
↑FlickrやPicasa、Facebookのアルバム単位で画像を追加できます。

ただし、アルバムと同期するわけではないので、アルバムに画像を追加したら、都度スライドショーを再作成する必要があるようです。これは少し残念。

iPhoneでも表示可能

iPhoneでスライドショーを表示
↑HTML5なので、iPhoneでも問題なく表示させることができます。

そのほか

テンプレート
↑シンプルなスライドや、フェード、サムネイルビューからスライドの表示方法を選ぶことができます。

BGMを選択
↑また、BGMをYouTubeから検索し、スライドショーに合わせて流すことも可能です。

埋め込みタグ
↑最後に表示形式をウィジェット、ポップアップなどから選択して、埋め込みタグを取得すればOKです。

興味がある方はSlideMyPicsへどうぞ。

iPhoneでも表示可能なスライドショーというのはとても魅力的ですね。これで、画像共有サービスのアルバムと、画像を同期することができるようになれば、このうえなく便利なサービスになると言えそうです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする