ファイル容量も約10分の1に小さくなります。

GIFアニメーションをWebM形式の動画に変換して軽量化する「gfycat」

2014-02-25 | Sigeo | 1件 | カテゴリ WEBツール・サービス

gfycat

手軽に再生できてサイト訪問者に内容を見てもらいやすいGifアニメーションの動画。しかし難点は、そのファイル容量の大きさ。使えば使うほどにサーバー容量を食ってしまいます。

今回はそのGIFアニメーションの容量の問題を、解決してくれるサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

GIFアニメをWebM形式の動画に変換する「gfycat」

Gfycat」は、GIFアニメーションをWebM形式の動画に変換してくれるオンラインサービス。

HTML5 Videoなので一部のブラウザで再生できないものの、GIFアニメーションの約1/10のファイル容量に圧縮し、動画としてサイト上で再生させることができます。

ファイル容量が10分の1以下になる

以下がgfycatで動画に変換してファイル容量が圧縮された結果です

  • GIFアニメのサイズ: 2M
  • Gfyで変換後のサイズ: 183k

YouTubeも採用したHTML5のVideoタグに対応するWebM形式に変換することで、ファイルサイズがアニメーションGIFの10分の1以下になりました。

カンタンな変換作業

gfycat
変換の手順は非常にシンプル。アニメーションGIFのファイルをサイト上でアップロードし、

gfycat1
変換された動画を、右クリックメニューからダウンロードして保存するだけです。

サンプル埋め込み動画

こちらがWebM形式に変換した動画。videoタグを使って埋込み、自動再生とループ再生を設定していますので、GIFアニメ同様の動きも再現できますね。もちろん、通常の動画のようにプレイヤーを表示することも可能です。

興味があるかたはGfycatへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする