Gmailと言えば、仕事でOutlook Express(アウトルックエクスプレス)を利用していた私をスパムメールから開放してくれただけでなく、

Gmailを不正アクセスから守ろう 新機能「アカウント アクティビティ」

2008-07-11 | Sigeo | 0 | カテゴリ Gmailの使い方

GmailへアクセスしたIPアドレスやアクセスタイプを教えてくれる

Gmailと言えば、仕事でOutlook Express(アウトルックエクスプレス)を利用していた私をスパムメールから開放してくれただけでなく、スレッド表示によってかなりの効率化を実現してくれたものです。その圧倒的なディスク容量と共に、使い勝手の良さから仕事でも使うという人も増えてきているのではないでしょうか。

ただし、気をつけたいのがデータ消失と、不正アクセスによる情報流出のリスク。その後者を監視できる機能がGmailに実装されていたようです。

スポンサードリンク

Gmailの不正アクセス監視機能「アカウント アクティビティ」

アカウントアクティビティには、リアルタイムにGmail アカウントへのアクセスと、そのIPアドレスが記録されているそうです。実際に試してみたところ、アクセスすると同時にデータが反映されました。

Gmailの不正アクセス監視機能 Gmailに最近ログインした媒体とIPアドレスを表示してくれます。

↑の画像は、PCでGmailへログインした後に携帯からもGmailにログインしたときの情報です。アクセスタイプもちゃんと「モバイル」と認識しています。さらに「Google Notifier」とありますが、これは「digsby」からログインしたもの、つまりデスクトップでGmailの受信を通知させるようなサービスからのログイン情報です。

もし、ここで身に覚えのないアクセスがあり、尚且つIPアドレスが明らかに自分の環境ではないものがあった場合、不正アクセスの可能性大ということになります。

不安になったときは「他のセッションをすべてログアウト」ボタンを押せば、一斉にログアウトできるそうです。

さらに詳しい情報は前回のアカウント アクティビティへどうぞ。

アカウント アクティビティが表示される場所

gmail-Account-Activity-2.gif Gmailのフッター部分にある「前回のアカウント アクティビティ」に直近のログインIPアドレスが表示され、さらに「詳細」をクリックすると、先ほどご紹介した詳細情報ページがポップアップします。

とは言っても、これはあくまでもパッシブな情報ですので、やはり未然に防ぐ対応は必要になりますよね。気になる方はアカウントの保護 – Gmail ヘルプ センターもどうぞ。

イーバンクでの振込み時に使われている、「IPアドレスを許可制にする」というところまでは行かないまでも、将来的にはかなり信頼性が上がるであろうという期待が持てる機能追加ですよね。逆に「IP許可制」までやってしまうと、固定IPでない場合にかなり面倒なので求めませんが、やはり利便性と安全性を両立させるというものが今後もっと求められてくるでしょうね。

Via:Official Gmail Blog

グーグル・マーケティング!
グーグル・マーケティング!
価格:¥ 1,764
平均評価:4.5
納期:通常24時間以内に発送

Amazon で詳細を見る
by WEB担当者専門書店
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする