Gmailのメニューはグローバルメニューとチャットメンバー表示の下に「ラベル」があって、何気にラベルで絞るときにスクロールさせるのが面倒と感じて

Gmailの「ラベル」を右側に持ってくる新機能が便利

2008-09-19 | Sigeo | 0 | カテゴリ Gmailの使い方

Gmialのラベルを右カラムにする

Gmailのメニューはグローバルメニューとチャットメンバー表示の下に「ラベル」があって、何気にラベルで絞るときにスクロールさせるのが面倒と感じていました。

Googleの社内でもやはりそういった声があったのか、新たにGmail Labsへ機能追加したそうです。

スポンサードリンク

「ラベル」一覧を右側へ移動させる新機能

先日6つの新機能を追加し、実は英語で「添付の資料を」といったような言葉が入ってるのに添付ファイルがないとアラートが出るといった機能もつけていたGmailですが、新たにラベルの位置を変更する機能もつけてきました。


Google社内では24インチのワイドスクリーンを使っているらしく、やはりこの方が効率が良いと感じたのでしょうね。 私の場合は、Gmailの右側にカレンダーの予定を表示(GmailAgenda)させているのでけっこう狭くなっていますが、この後GmailAgendaの幅を狭くしたので十分見れるようになりました。

Gmail Labsの設定方法

Gmail Labsは基本、英語版のみに表示されるので、Gmailの「設定」から英語版「English(US)」に変更し、その後「setting」内の「Labs」から「Right-side labels」を「Enable」にすることによって利用可能になります。(※ON / OFFの表記は「Enable / Disable」になっています。)


設定後は先ほどの逆に「setting」の「Language:」で「日本語」に戻しても機能は反映されます。

これならタギングでメールをうまく整理するにも便利ですよね。 ここのところ機能追加のペースがかなり上がっていて注目度高いです。

Via:Official Gmail Blog

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする