ハングアウトにテロップを入れられる。

Google ハングアウト用のテロップを作成できる「HangoutMagix」

2013-05-15 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

hangoutmagix

Ustreamで動画配信をするとき、テロップを入れたいがためにUstream Producerを使いました。最近徐々に使われ始めているGoogle ハングアウトも、同じくテロップをいれたくなることでしょう。ハングアウト ツールボックスを使えば、入れられないこともないのですが、シンプル過ぎていまいち。

そんな方にオススメしたいのが、今回ご紹介するサービスです。

スポンサードリンク

Google ハングアウトにテロップを入れられる「HangoutMagix」

HangoutMagix」は、Google ハングアウトのテロップ(オーバーレイ画像)に使える画像を作成できるサービス。

名前やロゴを入れられるほか、ソーシャルアカウントのフォローミーテロップやメールや電話を促すもの、サービスの登録を促すサイドバーなどを追加することができます。(ただし日本語は入力できないようです。)

テロップをカンタンに入れられる

ハングアウトのテロップ
↑上記のような画像を生成し、ハングアウトの画面でHangout toolboxを使って生成した画像をアップロードすることで利用できます。

フォローミー
↑その他にも、ソーシャルメディア アカウントや、メールアドレス、電話番号を表示させるような部品も用意されています。

hangoutmagix4
↑こちらはサイドバーを入れた状態。これは日本語入力できるようにして欲しいですね。

Hangout toolboxを使ってオーバーレイ設定

hangoutmagix3
↑Google ハングアウトを開始して、Hangout toolboxを起動し、上記のような手順で生成した画像をアップロードすると、冒頭のようにテロップを表示させることができます。

興味がある方はHangoutMagixへどうぞ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする