Facebookページのアカウントを使ってウェブサイトにチャットを設置できるサービス。

Facebookメッセンジャーを使ってサイトの訪問者とチャットできる「Modern」

2016-05-09 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

Modern

ウェブサイトにチャットを設置して顧客サポートを通じたマーケティングやセールスをおこなうケースも、昔よりかなり増えてきたと感じます。

この顧客サポートを、Facebookメッセンジャーを使うことによって、Facebookユーザーが利用しやすく、そしてウェブサイトとしても、その後のアプローチを容易にしてくれるのがこのサービスです。

スポンサードリンク

Facebookメッセンジャーがウェブサイトのチャット窓口になる「Modern」

Modern」は、Facebookメッセンジャーを使ってウェブサイト上で訪問者とチャットできるようにするサービス。

Facebookアカウントがないとチャットできないのは難点ですが、相手がどのような人が分かる場合のみ対応する、というフィルタリングができる点では良いと言えそうですね。

チャットへ誘導するウィジェットを設置できる

ウィジェットの編集画面。表示させる文言や紐付けるFBページを変更できます。

ウィジェットの編集画面。表示させる文言や紐付けるFBページを変更できます。

このページの右下にも表示されている、チャット画面へと誘導するウィジェット(ブログパーツ)を設置することができます。

ウィジェットを表示させるためのスクリプトが発行されます。

ウィジェットを表示させるためのスクリプトが発行されます。

ウィジェットをページに表示させるには、管理画面上で発行される1行のスクリプトを、表示させたいページの</body>の直前に貼る必要があります。

Facebookページアカウントでメッセージをやり取りできる

サイト訪問者が質問できるメッセージの画面。

サイト訪問者が質問できるメッセージの画面。

ユーザーがウィジェットをクリックすると、Facebookページアカウントとのメッセージの画面へと遷移します。

FBページアカウント側のチャット画面。

FBページアカウント側のチャット画面。

サイト側はFacebookページアカウントでやり取りをするので、Facebookページのメッセージ画面で会話することができます。

メッセージのウィジェットがどれだけ関心を持たれているか効果を測れる

ウィジェットが表示された回数などがグラフで表示されます。

ウィジェットが表示された回数などがグラフで表示されます。

メッセージのやり取りの回数などは計測されないようですが、ウィジェットのインプレッション数、マウスホバー数、クリック数が計測されます。

今後はチャットの自動返信や、チャットを使ったプロモーションの機能も実装する予定だそうです。

興味があるかたはModernへどうぞ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする