自分のソーシャルサービスや基本情報を共有できるウェブ名刺サービス。

サイトに埋め込み可能 クールなWEB名刺を作れる「OnePage」

2010-06-16 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

クールで埋め込み可能なウェブ名刺を作れる「OnePage」

サイトに埋め込むことも出来るウェブ名刺といえば、Retaggr のようなものもありますが、今回のウェブ名刺は、Retaggrとは少しテイストの違うクールさと、実用性を持ったものになります。

スポンサードリンク

クールで埋め込み可能なウェブ名刺を作れる「OnePage」

OnePage」は、インタラクティブでサイトへ埋め込むこともできるウェブ名刺作成サービス。

1ページにTwitterやFacebook、YouTubeやGoogleリーダーなどのアカウントを表記できるだけでなく、電話番号やメールアドレスなどもわかりやすく表示することができます。

サンプルウェブ名刺

↑こちらが私のウェブ名刺。Twitter、あるいはFacebookのアカウントを元に作成することができます。

早速名刺を作ってみます

サインアップ
↑まず、OnePageのページで、Twitter、Facebook、あるいはLinkdinのアカウントからOAuth経由でログインします。

メール
↑次の画面でメールアドレスを打つと、確認コード付きのURLがメールで送られてきます。

確認コード
↑メールに記載されている確認用URLをクリックします。

ユーザー名
↑そして、URLにもなるユーザー名を設定。

設定開始
↑次の画面で「Click to start creating」をクリックして、名刺の設定を開始します。

名刺の設定
↑TwitterやFacebookから取り込まれた情報をベースに、名刺に記載する情報を設定していきます。

アカウント
↑表示できる情報やソーシャルサービスなどのアカウントはこのようになっています。

完了
↑設定が終わったら「Click when you’re Finished」のボタンをクリックすると完了します。

ウェブ名刺
↑完成したウェブ名刺のページから、埋込みタグの発行やソーシャルサービスへの共有がおこなえます。

興味のある方はOnePageへどうぞ。

スマートフォンのアプリで名刺がデータ化されるのならば、始めからデータであっても良いわけで、WEBサービスやガジェットとしてもいろいろと出てきていますよね。

これらのサービスが、今後どのような発展をしていくのかというのも見ものだと感じます。

Via:delicious

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする