1日経つと自動的に無効となる短縮URL。ファイルやサイトの共有に使えます。

24時間限定のサイトとファイルの短縮URLを生成する「SimLink It!」

2016-02-01 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

SimLink

限定的にサイトやファイルを共有する場合に、放っておいても勝手に削除してくれるのが安心というもの。

いつまでも共有したままにしておくと、SNSなどで共有した内容とサイトの内容が変わってしまったり、意図せぬ相手にファイルを共有することになってしまったりということもあるはず。

今回は、そんな一時的にサイトやファイルを共有したい時に役立ちそうなサービスのひとつをご紹介します。

スポンサードリンク

24時間で自動消滅する短縮URLサービス「SimLink It!」

SimLink It!」は、生成してから24時間経つと自動的に削除してくれるサイトやファイルの共有サービス。

ファイルや画像をアップロードして共有する場合は、一度に30MBまでのファイルを共有可能です。

サイトのURLを短縮

サイトのURLを短縮したもの。

サイトのURLを短縮したもの。

サイトのURLを貼り付けると、短縮URLとともにQRコードが発行され、リンクの有効期限が表示されます。有効期限を過ぎると、サイト上に「Link expired. Sorry」とエラー文言が一時的に表記されるとともにサービスサイトのトップページへと遷移します。

ファイルを共有

ファイルのアップロード画面。

ファイルのアップロード画面。

ファイルのアップロードは、ドラッグアンドドロップかファイル選択で可能。

ファイルの短縮URL。

ファイルの短縮URL。

ファイルもサイト共有と同様に、短縮URLとQRコード、そして有効期限が表示されます。

ファイル共有の場合、短縮URLを開くとこうなります。

ファイル共有の場合、短縮URLを開くとこうなります。

ファイル共有の短縮URLを開くと、上記のように画像のほか有効期限などの情報も表示されます。ここで画像をクリックすると、その場で拡大表示してくれます。

iPhoneアプリもある

iPhoneアプリの画面。

iPhoneアプリの画面。

iPhoneアプリは、共有するファイルの選択から短縮リンク生成、他のアプリでの共有までをスムーズにできるような機能を持っているようです。

試してみたい方はSimLink It! へどうぞ。

iPhoneアプリはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする