気になって仕方がない画像を投稿して、画像投稿サイトへと誘導するおもしろ発想のAndroidアプリ。

思わず続きを見たくなる写真をソーシャルメディアへ投稿できるAndroidアプリ「snicKer」

2015-07-21 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

snicKer

続きを見たくさせる仕掛けって、全てを見せるわけではなく、その一部分だけを見せておいて、「続きを読む」という誘導を設けると思います。画像だって同じことで、何かすごいことが起こっていそうなんだけど、その画像だけでは何が起きているのか判断できずに、全体像をみたくなるってことがありますよね。

そんな心理をうまく使えるサービスを、今回はご紹介します。

スポンサードリンク

切り抜いた画像を投稿できるAndroidアプリ「snicKer」

snicKer」は、画像の一部分だけをソーシャルメディアへ投稿し、切り抜く前の画像へのリンクを付けてくれるAndroidアプリ。

たとえばですけど、

こんな画像を見せられたら、何が起きているのか気になってしまいますが、投稿されているリンクをクリックすると、

こんな画像を見せられたら、何が起きているのか気になってしまいますが、投稿されているリンクをクリックすると、

このように全体像を見られるわけです。

このように全体像を見られるわけです。

写真を切り抜いてソーシャルメディアへ投稿

投稿するソーシャルメディアを選択。

投稿するソーシャルメディアを選択。

アプリを立ち上げて、まず連携するソーシャルメディアを選択します。このアプリで使う画像はすべてimgurとう画像投稿サービスに投稿されるので、このサービスのアカウントも連携させておくと良さそうです。

写真を選んで切り抜く。

写真を選んで切り抜く。

つぎに、スマホから写真を選ぶか、カメラで写真を撮るかして、投稿する画像を選択。そして投稿したい部分だけ、画像を切り抜きます。

コメントを添えてソーシャルメディアへ投稿。

コメントを添えてソーシャルメディアへ投稿。

最後に、画像にコメントを添えて、投稿したいソーシャルメディアを選択すれば投稿完了。

このとき「Post cropped image only」にチェックを入れておけば、切り抜く前の画像へのリンクがなくなりますので、違った誘導の仕方もできそうですね。

興味があるかたはsnicKer social photo crop tool – Google Play の Android アプリのページでアプリをインストールしてください。

このアプリ、連携する画像の投稿サービスをimgur以外で選択できたり、切り抜く前の画像のページだけに表示するコメントも付けられると、よりいっそう面白くなりそうです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする