よく使うタブのセットを違う場所でも一気に開ける。

ブラウザで開いているウインドウを他のPCやブラウザと同期できる「TabCloud」

2013-07-09 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

ブラウザで今開いているタブを他のPCでも開くには、Chromeにログインしてひとつずつ開くか、Firefox Syncを使って同じようなことをする必要があります。

でも、特定の作業に必要なタブのグループを、いっぺんに開きたいこともありますよね。会社用とアカウントを分けていることもあるでしょうし。

そんなときに便利なのが、今回ご紹介するChrome拡張機能とFirefoxアドオンです。

スポンサードリンク

ブラウザで開いているタブを保存して同期できる「TabCloud」

TabCloud」は、開いているブラウザのウインドウを保存して、他のPCやブラウザと同期できるアドオン。

たとえば自宅のFirefoxで保存したウインドウを、会社のGoogle Chromeで開くといったこともできます。

開いているウインドウに名前を付けて保存

ウインドウを保存
↑ツールバーに表示されるボタンを押すと、ウインドウで開いているタブの一覧が表示されます。ウインドウ毎に名前をつけて、保存ボタンを押すと同期されます。

Firefoxから開ける
↑Chromeで保存したウインドウを、Firefoxからも開けます。

Googleアカウントで同期
↑他のPCやブラウザと同期するには、Googleアカウントを使います。

ログイン
↑Googleアカウントを使うには、拡張機能をインストールしてボタンを押し、【Click here to login】のリンクをクリックします。手順はGoogle Chrome、Firefoxともに同じです。


↑またChromeでは、ドラッグ・アンド・ドロップでタブを別のウインドウに移動させることも可能。不要になったタブをひとつだけ消したいときや、開くシーンが変わった時にも便利です。

試してみたいかたはTabCloudへどうぞ。

Android端末にTabCloudのアプリを入れれば、Androidのブラウザからも保存したウインドウを開けるそうです。しかし試してみたところ、同期することができませんでした。iPhoneアプリも出るということですが、アプリはまだまだこれからですかね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする