ウェブ上にページがあって、自分でブログパーツを貼り付けられるところであれば、どこでも使えるショッピングカートサービス。

米国ではGoogleドキュメントを使えばショッピングカート機能なしでも販売できる!?

2009-08-04 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google 全般, WEBマーケティング 関連

Googleのどこでもショッピングカート ガジェット

インターネット上で何かを販売するとき、必ずショッピングカートのプログラムが必要になる。それは、ASPであったり、オープンソースのプログラムであったり、色々あると思います。

しかし、米国では、Googleが提供するGoogle チェックアウト ストア ガジェットなるものがあり、Google ドキュメントで商品一覧を作るだけで、普通のウェブサイトでも販売できてしまうそうなのです。

スポンサードリンク

Googleのどこでもショッピングカート ガジェット

このストアガジェットを利用できるのは、BloggerやGoogle Sites、そして通常のホームページ。つまり、ウェブ上にページがあって、自分でブログパーツを貼り付けられるところであれば、どこでもOKというわけです。

商品を販売するためのテンプレート

↑この形式のテンプレートを、Google チェックアウトのアカウントに登録すれば、販売可能になるそうです。もちろん商品管理もテンプレート スプレッドシートで行います。

なんだか楽天などに商品を一括登録する際のCSVみたいですねw つまり、お手軽に商品登録できるソフトが出てくる可能性は十分ありえるということ。

3種類のGoogle チェックアウト ストア ガジェット

実際にサンプルのストアガジェットを埋め込んでみました。実際にGoogleがグッズを販売しているものです。

※3つも同時に埋め込んでしまったので、もしかしたら動作しないかもしれません。。。

1. Large – ホームページへ埋め込むためのガジェット

2. Small – Google sitesなどに使うためのガジェット

3. Tiny – Bloggerなどに使うためのガジェット

まだ日本では利用できませんが、興味のある方はGoogle Checkout: store gadgetへどうぞ。 (※米国向けに販売する際も、米国内に法人が存在しなければならないはずです。)

Google恐るべし、この領域までGoogleサービスのみで完結できてしまうのですよね。今後どのように展開してくるんでしょう。。。

Via:Official Google Docs Blog

3万円の元手で月商1000万円! 初めてのネット輸入&販売3万円の元手で月商1000万円! 初めてのネット輸入&販売
価格:¥ 1,575
平均評価:5.0
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by マーケティングリサーチのデータなら
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする