Twitterのタイムライン(TL)を、フォルダ分けすることでわかりやすくしてくれる、Twitter ウェブクライアント。

TwitterのTLを ユーザーごとに整理して閲覧できる「tDash」

2010-01-08 | Sigeo | 0 | カテゴリ Twitter (ツイッター)

Twitter の TL を整理してくれるウェブクライアント「tDash」

Twitterを便利に使うには、そのシーンによってクライアントを分けた方が良かったりします。

そこで、今回はTLのブラウジングや会話に最適なTwitterのウェブクライアントをご紹介します。

スポンサードリンク

Twitter の TL を整理してくれるウェブクライアント「tDash」

tDash」は、TwitterのTLを、ユーザーごとにフォルダ分けし、ブラウジングや会話をしやすくしてくれるウェブクライアント。

画像共有や自動短縮URL、Google リーダーに似たショートカットキーも備えていながらも、シンプルなのが特徴です。

「tDash」の特徴

  • つぶやきを自動的にユーザー名ごとのフォルダへ移動
  • フォルダごとに未読数を表示
  • 会話をインラインで表示
  • Twitter OAuth経由でログイン可能
  • 【リスト】や【トレンド】も対応
  • TLを同期するタイミングを調整可能
  • Google リーダー ライクなショートカットキー

ユーザーごとにフォルダ分け

tdash1 ↑これがなかなか便利な機能、フォルダ名が名前になると、さらにわかりやすくなりそうです。
フォルダごとに未読数も表示してくれるのも良いですね。

会話をインラインで表示

会話をインライン表示 ↑すでにTwitterクライアントにとって標準に近い機能になっている会話のインライン表示もあり。

tdash4 ↑RTボタンも備えています。

Google リーダー ライクなショートカットキー

Googleリーダーライクなショートカットキー ↑J や K など、Google リーダーに似たショートカットキーも利用可能。

試してみたい方はtDashへどうぞ。
開いたページで下記画像のようなボタンを押せば、Twitter OAuth経由でログインできます。
SignIn

なんでも付いている高機能なものも良いのですが、必要な機能だけに絞られた、シンプルなものも使い易くて良いですよね。

Via:Delicious

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする