気になるメッセージで「ここから未読にする」機能を使っておくと、そのメッセージのみが【未読】になり、あとからスレッド開いたときに、そのメッセージが

Gmailで、気になるやりとりの一部分をすぐに開けるLabs新機能「ここから未読にする」

2009-12-16 | Sigeo | 0 | カテゴリ Gmailの使い方

気になる【メッセージ】を一発表示するGmail Labsの新機能

Gmailで熱い議論を交わしていると、スレッド内の返信メール数が膨大になり、気になる会話がどこにあったか忘れてしまうこともあると思います。

そのたびに、検索をかけたり、スターを付けておくのも良いのですが、もっと便利にすることはできないのか?という発想から生まれたこの機能。

結果を想像しづらいネーミングはともかく、今回リリースされたGmailの新機能は、気になるメッセージをデフォルトで開いてくれる便利な機能です。

スポンサードリンク

気になる【メッセージ】を一発表示するGmail Labsの新機能

※ここでいう【メッセージ】とは、メールでの会話のやり取り全体を示す【スレッド】の中の【ひとつの返信メール】を指します。

「ここから未読にする」機能は、GmailのLabsに追加された新機能。

目的によっては、名前通りの結果にはなりませんが、気になるメッセージでこの機能を使っておくと、そのメッセージのみが【未読】になり、あとからスレッド開いたときに、そのメッセージが展開された状態で表示されるようになります。

つまり、後から検索して探す時間すらもったいないという考えの下に作られた機能です。

気になるところからメールを再読

ここから未読にする
↑メッセージ右上のメニューから、【ここから未読にする】をクリックすると、そのメッセージのみが未読になります。

Mark-unread-from-here4
↑【ここから未読にする】をクリックした後に受信トレイで見ると、スレッド自体が未読として表示され、これをクリックすると、先ほど未読にしたメッセージが開いた状態で表示されます。

「ここから未読にする」機能の利用手順

まず、faviconGmail Labsのページを開き、下記画像のように、「ここから未読にする」のラジオボタンを「有効にする」にします。
Mark-unread-from-here3
2009年12月16日現在は下から4番目にあります。

いままで独自ドメインもGmailで受け取っていたため、今年半ばに会社へ所属し、久々にGmail以外を使い始めたのですが、いまだに使いづらくて仕方ないし、新しい機能なんてほとんど出てきません。

それに比べてGmailのすごいこと。一度使うと、二度と手放せなくなってしまいますよね。

Via:Official Gmail Blog

Googleの全貌Googleの全貌
価格:¥ 2,100
平均評価:
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by マーケティングリサーチのデータなら
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする