対象ファイルを右クリックして、メニューからアップロードするストレージサービスを選べる拡張機能。

ファイルをGoogle Chromeから各種ストレージへ送れる拡張機能「Cloud Save」

2011-03-09 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome, WEBツール・サービス

右クリックメニューからファイルをアップロード

ブラウザから画像やzipファイルなどを保存するとき、通常であればPCのダウンロードフォルダに保存しますよね。

ですから、Flickrなどの画像サイトやDropboxのようなオンラインストレージへアップロードするには、一度ローカルへ保存し、それからアップロードする必要があるわけです。

その工程を楽にしてくれるのが、今回ご紹介するChrome 拡張機能です。

スポンサードリンク

右クリックメニューからファイルをアップロードできる「Cloud Save」

Cloud Save」は、Google Chromeでファイルのダウンロードリンクや画像を右クリックすると、コンテキストメニューから、各種ストレージサービスへファイルをダイレクトにアップロードできるChrome 拡張機能。

ファイルの種類によって、選べるサービスが変わるので、いつも使っているサービスへサクっと投稿することが可能です。

コンテキストメニューからファイルをアップロード

画像ファイルのアップロード
↑保存したい画像やファイルのダウンロードリンクを右クリックし、「Cloud Save」のメニューの中から、使いたいサービスを選べばアップロードが開始されます。

Dropbox
↑ログインが必要なサービスは、初回だけサービスとの接続許可をする作業が発生します。

アップロード完了
↑アップロードが完了するとデスクトップ通知が表示されます。

画像ファイルの対応サービス

画像ファイルに対応しているサービスは以下のとおりです。

画像ファイルのアップロード

  • Picasa
  • Flickr
  • Google ドキュメント
  • Dropbox(トップディレクトリに保存)
  • Twitpic
  • CloudApp
  • Box.net
  • Min.us
  • Droplr
  • Posterous

通常ファイルの対応サービス

対応していないファイル形式は、それぞれのストレージサービスに準ずるものになっています。

通常ファイルのアップロード

  • Google ドキュメント
  • Dropbox
  • CloudApp
  • Box.net
  • Min.us
  • Droplr

アップロードできないファイル形式にはエラー通知

非対応ファイル形式
↑例えばGoogleドキュメントに.crx形式のファイルをアップロードしようとすると、上記画像のようなエラー通知が出てきます。

興味のある方はCloud Save で拡張機能をインストールしてください。

今回対応しているサービスには、Dropboxのように指定フォルダにダウンロードすれば同期されるものもありますが、ファイルによって利用サービスを使い分けているときには非常に便利ですね。

あなたを天才にするスマートノートあなたを天才にするスマートノート
価格:¥ 1,575
平均評価:★★★★★
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする