ページ全体のスクリーンショットを綺麗に撮れるオンラインツール。カスタマイズ性に優れたAPIも提供。

WEBページのスクリーンショットをURLでサクッと綺麗に撮れる「screenshotlayer」

2015-12-14 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

screenshotlayer

Webページ全体のスクリーンショットを撮れるツールはさまざまなものがあって、ScreenPressoのようなものでも撮ることも可能です。

でも、PCの環境によっては若干ズレが発生したりして、綺麗に撮れないこともけっこうあります。

今回ご紹介するのは、オンラインのツールながらも、綺麗にWEBページのスクリーンショットを撮ってくれるサービスです。

スポンサードリンク

URLを指定するとページのスクリーンショットを撮れる「screenshotlayer」

screenshotlayer」は、指定したURLのページ全体をキャプチャできるオンラインサービス。

APIも提供していて、ユーザーエージェントやビューポートを変更したり画像のフォーマットを変更したりなど、カスタマイズ性にも優れています。

URLを指定してページ全体のスクリーンショットを撮れる

サンプルツールでYahooのトップページを指定してページ全体をキャプチャしたところ。

サービストップページで使えるサンプルツールで、Yahooのトップページを指定してページ全体をキャプチャしたところ。

スクリーンショットを撮りたいページのURLを入力することで、ページ全体の綺麗なスクリーンショットを撮ることができます。スクリーンショットが撮れるまでの時間も結構速い。

この手の海外のサービスは、日本語が文字化けすることも多いのですが、screenshotlayerでは、フォントが若干変わるものの、文字化けすることなくページ全体をキャプチャできます。

Yahooトップページのサンプル、綺麗なもんです。

Yahooトップページのサンプル、綺麗なもんです。

月100回まで無料で使えるAPI

サムネイルのサイズを指定したり、ビューポートやユーザーエージェントを変更したりなんてこともできます。

サムネイルのサイズを指定したり、ビューポートやユーザーエージェントを変更したりなんてこともできます。

APIはベースとなる http://api.screenshotlayer.com/api/capture を元にパラメータを付与していくのですが、このパラメータが意外と豊富で、サイト制作時のブラウザチェックの取っ掛かりとして使うなんてこともできそうです。

興味があるかたはscreenshotlayerへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする