世の中には競合というものがひしめいています。なので何をするにしてもまずは競合調査というものが欠かせません。サイトを運営するに当たってもそれは同

【SWOT分析】競合サイトの解析を援護する8つの要因


競合サイトを分析するにもSWOT分析が基本

 世の中には競合というものがひしめいています。なので何をするにしてもまずは競合調査というものが欠かせません。サイトを運営するに当たってもそれは同じこと。立ち上げにコストが余りかからないだけに競合の数も半端じゃない。

 逆を言えば、コストがかからないだけに周りを見ずに見切り発車することが多いのも否めないのでは?

 後発だからSWOT分析などの結果から差別化をしたからといって成功するというわけではありませんが、分析はやるべき。今回はそんな分析に役立ちそうな競合サイトの解析を助けてくれる8つの要因をご紹介。

競合サイトの解析を補う8つの要因

 Search Engine Guide Blogのエントリを超訳、そして私の個人的見解を交えてツールと一緒にご紹介します。

ドメインの年齢

 ドメインを取得してからの年数は、検索エンジンに対して大きな影響を与えます。その理由は長ければ長いほど信頼をおける可能性が高いからと言えるでしょう。Webconfsはあなたのドメインとあなたのライバルたちのドメイン年数を計算してくれます。
Domain Age Tool

検索エンジンでの視界

 あなたのサイトに関連するキーワードを抽出し、あなたのサイトがそれらのキーワードで競合と比べてどのように見えるかを分析してみよう。それぞれのキーワードでの順位を比べてみることによって、キーワードごとのマーケットシェアが見えてきます。
Search & RSS

サイトのトラフィック

 競合サイトのトラフィックを知るのはとても難しいことのひとつですが、Compete.comのsearch analyticsを使えば、いくらか参考となるデータをとることができます。このグラフによって、必ずしもトラフィック量が順位を確定しているとは言えない事が分かります。
search analytics

インバウンドリンクの質

 インバウンドリンクを調べるにはYahoo! Site Explorerなどのツールがあります。そのバックリンクを調べていくと、リンクの量より質が重要視されていることが分かります。余談ですが、リンクの質として高く見られるのはニュースサイトやページランクと内容の質が共に高いサイトで、一般のブログなどは低く見られる傾向にあります。
Yahoo! Site Explorer

インバウンドリンクのアンカーテキスト

 リンクの質は、あなたのサイトへリンクを張っているテキストとリンクしているサイトのテーマに基づいています。画像やサイト名でのリンクは、キーワードでリンクされるほど高品質ではありません。 ちょっと重いけど海外のツールはどうしても文字化けしてしまうので国内のツールを。

被リンク重要度チェックツール
- hanasakigani.jp
URL
申し訳ないけどリスクヘッジのために rel=”nofollow”入れさせていただきます。

メタタグ

 とても単純なことですが、SEOにとって重要な位置を占めています。特にディスクリプションに関してはそう言えるでしょうね。競合サイトのディスクリプション及びタイトルタグを分析することはあなたが競っているサイトが最も訪問者に提供しているメッセージを発見すると共に、自分のサイトを差別化させるのを助けてくれるものとなります。

検索エンジン広告

 ブログにはあまり当てはまらないかもしれませんが、競合サイトがPPC広告を使っているようなケースもあるでしょう。海外ではSpyFuのようなツールがあるようですが、日本だと同じようなサービスをまだ見つけていません。。。Google AdWords : キーワード ツールよりもより具体的に明示してくれるツールがあるといいんですが。オーバーチュアの管理画面上でも、順位やインプレッション数の予測はしてくれるものの、競合を調べるような機能はついていません。

ブログジュース

My Blog Juice

 SEOでリンクジュースと呼ばれるアレです。競合との違いを測るにはひとつの指標として使えそうです。

これまたテキストリンク広告サービスなので、商品自体は推奨できませんが、ツールはおもしろいのでご紹介。海外のサービス主体なので日本での評価とは言いがたいですが、カテゴリごとに自分のサイトがどれだけおいしいリンクを持っているかが分かります。この機会に海外ブログと比較してみるのも良いかもしれませんね。
Blog Juice Calculator

 何にせよ、ネタ元でもSWOT分析が重要であると。(Wikipedia)「己を知る者は明なり」とも言うわけです。そして「勝算なきは戦うなかれ。」とも言う。SWOT分析によって見出せたものから、まずは競合の弱い部分での戦いに勝ち、次のフェーズへと進んで行くことが、成功への近道なのかもしれませんね。

 「インターネット業界はスピードが重要だ!」と良く言われるけれども、本当に成功しているサービスを見ていると果たしてそうなんだろうかと首をかしげることが多々あります。ただ単に日本人がせっかちなだけでは!?そう考えると今後本当に怖いのはやはり中国なんだろうか。

Via:8 Factors to Cover in a Competitive Analysis – Search Engine Guide Blog

彼女があのテレビを買ったワケ ―― 男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由
彼女があのテレビを買ったワケ ―― 男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由
価格:¥ 1,500
平均評価:4.5
SWOT分析による差別化では見えてこない部分を理解しておける一冊
納期:通常24時間以内に発送

Amazon で詳細を見る
by WEB担当者専門書店
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする