ライブヘルプチャットサービスhab.laがパワーアップして日本語表記にも対応できるようになった。

ライブヘルプチャットをGtalkやJabber IDと連携してブログ上で利用できる「Olark」

2009-09-02 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

日本語表示も可能になったライブチャット「Olark」

以前にhab.laというブログでカンタンに使えるライブチャットサービスをご紹介しましたが、そのhab.laが名前を変えて、日本語表示もできるようになりました。

スポンサードリンク

日本語表示も可能になったライブチャット「Olark」

Olark」は、hab.laが名前を変えて、カスタマイズ性を向上させたブログやサイトへカンタンに設置できるライブヘルプチャットサービス。

hab.laではチャットボックスを日本語化することが出来ませんでしたが、このグレードアップで英語を日本語に書き換えることも出来るようになりました。

カスタマイズ性が向上した「Olark」

↑Google TalkやJabberのアカウントと紐付けすることができます。具体的にこのヘルプチャットを利用できるチャットサービスやクライアントは、digsbyMeeboMeなどです。つまりデスクトップ上からヘルプに対応することが出来ます。

↑チャットボックスを表示する場所やサイズをカスタマイズすることが可能。

↑デザインや色味を全体的に変更することも可能です。

↑今まで設定できなかった、表示テキストの日本語化も可能になりました。

↑GTalkのアカウントでログインすることもできます。

↑ログイン後に「Dashboard」のページで埋め込みタグを取得できます。このタグを </body> タグの前に設置すればOKです。

興味のある方はOlarkへどうぞ。

機能的にはzopimに劣りますが、様々なチャット(IRC)クライアントからも応答できる使い勝手の点ではzopimよりも良いですね。(※zopimもチャットクライアントに対応するとの話ですが。)

Via:delicious

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする