Google サーチウィキがGoogleアカウントに適用されました。

Google サーチウィキが自分のアカウントに適用されました

2009-05-06 | Sigeo | 2件 | カテゴリ Google 全般, SEM・SEO 関連

Googleサーチウィキが日本にも適用!?

米国のブロガーたちの間で使い勝手の悪さが話題になり、一瞬だけ試してみたことがあったGoogle サーチウィキ。それがとても幸運なことに、昨日自分のアカウントに適用されていました。

スポンサードリンク

Googleサーチウィキはマーケターには弊害ばかり!?

5月7日追記
Google サーチウィキを使いながらSBMカウントを表示させる方法を教えていただきました。ありがとうございます。

Googleサーチウィキ(Google Search Wiki)は、Google検索結果に下記3点の機能を付与するもの。

  1. 順位を上げるボタン
  2. 検索結果から除外するボタン
  3. コメントするボタン

検索ユーザーの評価を、より検索結果へ反映するためであろう、非常に素晴らしい機能なのですが、いかんせんマーケターにとっては困った存在となってしまいます。

Googleサーチウィキ ビフォーアフター

Before サーチウィキ適用前

※クリックで拡大
↑これが一昨日までの検索結果。SBMカウントも表示されていてリサーチしながら、ユーザー視点で検索結果を見ることができています。
利用しているのはSBMカウントを表示するグリースモンキー
After サーチウィキ適用後

※クリックで拡大
↑いずれユーザーの意見を検索順位に反映するであろう評価用のボタンが付き、私にとって重要なSBMカウントが消えてしまってます。

事の発端は、昨日Google検索をして、SBMカウントが表示されないことに気付いた時。なにやら見覚えのある矢印アイコンが・・・。

米国では既に今年Q1に解除ボタンが追加されるとの回答があったようですが、(記事)その解除ボタンすら見当たらない。ひょっとして米国でもまだなのでしょうか?

そのほか、各設定画面を隅々まで探してみましたが、どこにも解除するところがないんです。

普通に使うのであれば何の支障もないでしょうけれど、リサーチするのに検索順位を自分で変動させても自己満足にしかならないし、何よりSBMカウントが表示されないのは非常に困ります。これはなんとかせねばということで。

サーチウィキをグリモンで消してみる

まずサーチウィキの機能はいらないので、消してみようということに。そこでTwitterセルフSEOブログさんから教えていただいたNo SearchWikiと、“searchwiki on/off“を試してみました。

すると見事にサーチウィキが消えました。


↑サーチウィキが消えたGoogle検索結果。

けれどもボタンを隠すCSSを追加するものなので、ボタンを消すだけにとどまり、SBMカウントは表示されず・・・。残念。

他に対処法は?それは検索クエリ

さらに探してみると、GoogleのSearchWikiが日本上陸!?でも紹介されているように、検索クエリに「 &hl=all 」を追加すればサーチウィキを回避できる様子。(Disabling Google Search Wikiより)

すると、下記画像のようにSBMカウントを表示させることが出来ました。


↑サーチウィキが消え、SBMカウントを表示できるようになったGoogle検索結果。

しかし、これにもまた穴が。元々Google検索のクエリには「 &hl=ja 」と日本語を指定するものがあり、それをALLにしてしまうとAdwords広告が表示されなくなってしまうんです。

広告ブロックしたい方ならこれでOKですが、これではユーザー視点で広告をチェックすることも出来ないorz。

一時的な対応として、SBMカウントのグリモンをカスタマイズして何とか使えるようにしてみようと考えています。むしろ解除ボタンが欲しい・・・。

何とかこの機能を解除する手立てを用意していただきたいものです。Googleさん、よろしくお願いします。

また、今回の一件でセルフSEOブログさんと、もう一名の方にTwitter上でいろいろと助けていただきました。本当に感謝ですm(_ _)m

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“Google サーチウィキが自分のアカウントに適用されました”へのコメント2 つ

コメントする