Google カレンダーに週番号を表示して、プロジェクトの進行管理を便利にしてくれる。

Google カレンダーに「週番号」を入れてプロジェクト管理に役立てよう

2009-11-11 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google 全般, GTD Lifehacks

Googleカレンダーに週番号を表示しよう

人気のあるスケジュール手帳には、月間カレンダーに週番号が付けられているものがありますよね。

どうやらWEBの世界でも、それを無視することはできず、Googleカレンダーにも週番号を付けられるようになったようです。

スポンサードリンク

Googleカレンダーに週番号を表示しよう

↑はい、かなり唐突ですが、Googleカレンダーに週番号を反映させると、このように週の頭に週番号が表示されるようになります。

プロジェクト管理をする人にとって、この番号は欠かせないというケースが多いはず。

そんな声が出たかどうかは分かりませんが、日本語版でも設定から「おすすめのカレンダー」を追加することで利用できるようになりました。

Google カレンダーに週番号を表示する手順

設定を開く ↑まず、faviconGoogle カレンダーを開き、右上の「設定」をクリックします。

Show-Week-Numbers3 ↑次に、「カレンダー」タブを開きます。

Show-Week-Numbers4 ↑「カレンダー」タブを開いたら、ページ中段、右にある「おすすめのカレンダーを検索 »」をクリック。

Show-Week-Numbers5 ↑開いたページで、「その他」タブを開き、「週番号」の「登録」リンクをクリックすれば週番号が表示されるようになります。
Show-Week-Numbers6 ↑週番号が表示されたカレンダー。

試してみたい方はfaviconGoogle カレンダーへどうぞ。

こういった便利な追加オプションは、Google Appsのようなサービスでの経験が大きいのでしょうか。

その流れがあるのならば、今後の機能追加も非常に楽しみになってきますね。

Via:Google Operating System

すべての「見える化」実現ワークブックすべての「見える化」実現ワークブック
価格:¥ 1,890
平均評価:5.0
納期:通常5~7日以内に発送
Amazon で詳細を見る by ビジネス手帳選びなら
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする