同じ意味の単語を4択から解答し、正解すると10粒のお米を国連世界食糧計画へ寄付するという「FreeRice」。素晴らしいサービスだと思ったのです

英単語の勉強をしながらお米を寄付出来るサイト「FreeRice」


free-rice.jpg

同じ意味の単語を4択から解答し、正解すると10粒のお米を国連世界食糧計画へ寄付するという「FreeRice」。素晴らしいサービスだと思ったのですが、何やら疑惑が浮上しているようです。

スポンサードリンク

「FreeRice」の疑惑

free-rice-2.jpg

↑疑惑の根源はこのバナー。リンクシェアのアフィリエイトバナーが毎ページに3つずつ表示されるようになっています。

それ以外にも↓のような文言も。。。

goog308.gif

↑「そりゃあタダではやってられないですよ。」というのもわかりますが、「寄付」を謳っておきながら、アフィリエイトに広告枠とは、他では見られないことですよね。

サイトの紹介ページに下記のようなことが書いてありました。

このサービスは、このサイトで宣伝するスポンサーたちによって成り立っています。

引用元のFreeRice: Legit or Not, It’s Funのエントリでも「これは詐欺行為ではないか?」と言及されていますが、どのように受け止めるのが正しいのでしょうね。

寄付行為をするためのサイトと言っておきながら広告収入を目的としたサイトであるならば詐欺、でも紹介ページにきちんと書いてあって、その広告収入から寄付を行っているのであればそれは慈善事業。なんとも微妙なところですが、個人的には勉強になるし、ちゃんと寄付されるのであればなにか良いことをしたように感じられて気持ちがいいので気に入ってます。

興味のある方はFreeRiceへどうぞ。

関連情報

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする