病院へ行こうと思ったとき、あなたはどんなアクションを起こしますか? 私は数年前に引越しをしたので、調子が悪くなったらとりあえず検索。 とにかく近

[PR]家電やPC、クチコミ見ます。 あれ?身体の治療は?


口コミ病院検索QLife

病院へ行こうと思ったとき、あなたはどんなアクションを起こしますか? 私は数年前に引越しをしたので、調子が悪くなったらとりあえず検索。 とにかく近場の病院に行っています。 地元だと行きつけなんですけどね。

何気にこの分野に関しては何のこだわりも持っていないのでどうしても手っ取り早い方法を選んでしまうのですが、それで本当に良いんでしょうか?

なんで病院のクチコミを見ないのかという自問自答

私は家電製品やPCそしてその周辺機器を購入するとき、必ずクチコミを見ます。 旅行に行く時だって、温泉があるか否か、宿泊するところは利用した人たちがどのような印象を受けたか。 たとえば部屋やお風呂が汚かったとか、バイキング形式のときに食事が思うように取れなかったりしていないかなどなど。 いろいろと事前に段取りしておきます。

しかし自分の体となると、あまり大事にしていないということもあるのか、あまり段取りしていないような気がします。

大幅に話が飛びますが、NBonlineの記事に下記のような興味深い記事がありました。

所得が最も高い層(世帯平均年収1213万円)は、教育に対する支出が5階層中トップで、タバコへの支出は最低です。逆に、最も所得が低い層(世帯平均年収272万円)は、教育に対する支出が最低で、タバコには所得が最も高い層よりも多くのお金を使っています(右グラフ)。
このデータから推測されるのは、「ストレスがたまるからタバコを吸う→一時的なストレス解消によって抜本的な対策を立てない、あるいは健康を害す→ますますストレスがたまる→ますますタバコを吸うようになる」という悪循環です。

つまり成功者は物事の本質をしっかりと考えることができる人であるといった原則が見えてくるわけです。

最近「夢をかなえるゾウ」がドラマ化されていますよね。 自分では「それとこれと何の関係があるんだよ。」と思っていても、実はその考え方自体が大きな影響を及ぼしている。 なんてことはたくさんあるはず。 そのひとつとして自分が今していることが、身体にどんな影響を与えているのかを再考してみるのも良いかも。

口コミ病院検索QLife(キューライフ)

このような観点から病院探しにクチコミサイトを使うようになるのも良いかも。 ということで今回のPRは口コミ病院検索QLife(キューライフ)。 Yahoo!と提携、Googleやau oneなどにもコンテンツ供給しているQLifeの強みは競合サイトに比べて口コミ一件あたりの文字数が充実していることだとか。 個人的には病院ごとの特徴がアイコンで示されているのも良いかも。


口コミ件数や検索件数と共に、口コミによってつけられた病院の特徴を示すアイコンがついて検索結果。


渋谷の内科を評判から探しているところ。


ネット上で増えて欲しい口コミサイトのニーズとして、グラフのように病院系が突出しています。 個人的にも病院探ししていても、口コミサイトがすぐに出てくることはまずないので、探す手間を考えるとどうしても手を抜いてしまうところ。 医療機関は広告規制によって出稿範囲が制限されるため、ビジネス的に不利な点はあるでしょうけどこういったサイトに伸びてもらいたいものですね。

今年7月には口コミ動物病院検索のPet@QLifeも開始したそうですが、個人的にこちらも頑張って欲しいと思うところです。

[PR by ブログタイムズ]

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする