アクセス解析機能付の短縮URLサービスって、検索してみると何やら怪しげな商材が多いみたい。 今までにもアクセス解析機能が付いた短縮URLの無料サ

アクセス解析できる短縮URL作成サービス「Cligs」がなかなか使える


高機能なアクセス解析付き短縮URLサービス「Cligs」

アクセス解析機能付の短縮URLサービスって、検索してみると何やら怪しげな商材が多いみたい。 今までにもアクセス解析機能が付いた短縮URLの無料サービスはいくつかあったと思いますが、今回のCligsはその中でも一番高機能且つ手軽なものになっています。

高機能なアクセス解析機能付短縮URLサービス「Cligs」

cli.gsでできることは下記の通りです。 短縮URLのことだけでなく、その飛び先ページの解析もしてくれるのがなかなか秀逸。

「Cligs」の主な機能

  • クリック数
  • リファラー(どのページでクリックされたか)
  • 短縮URLがTwitterで紹介された記事概要
  • 短縮URLがブログで紹介された記事概要
  • 短縮URLがWEB上で紹介された記事概要
  • 短縮URLの飛び先ページがTwitterで紹介された直近の概要
  • 短縮URLの飛び先ページがブログで紹介された直近の概要
  • 短縮URLの飛び先ページがWEB上で紹介されている直近の概要
  • 短縮URLの飛び先ページがDeliciousで紹介されている直近の概要
  • 飛び先ページのインバウンドリンク合計数
  • 短縮URLが検索ロボットにクロールされたかどうか

ちょっとくどい書き方になってしまいましたが、コレだけのことが出来てしまう短縮URLってなかなかすごいですよね。 短縮URLは cli.gs/Qse1PY のようになります。

過去30日間のクリック数を表示するグラフ


過去30日間のクリック数がFlashで作られたインタラクティブなグラフで表示されます。

どのページでクリックされたか


URL+クリック数で表示されています。

ソーシャルメディアで紹介された概要


短縮URL飛び先ページがTwitterやブログなどでどのように紹介されているかを見ることも出来ます。

便利なブックマークレット


メニューの「My Account」を開いて「Cligs Bookmarklet」の欄にある「Shorten Link @ Cli.gs」というリンクをブックマークツールバーへドラッグ&ドロップしておけば、短縮URLを作成したいページでボタンを押すだけで短縮URLを生成できます。

なかなか使えそうな短縮URLサービスですよね。 試してみたい方はcli.gsへどうぞ。

スタートアップガイド

  1. cli.gsのページを開きます
  2. ↓のように、「login or sign-up」のリンクをクリックします
  3. 「Create a New User Account」の欄へ↓のようにユーザー名、メールアドレス、パスワードを設定し、「Register」ボタンを押します。
  4. そのままその画面からログインすれば利用可能になります。

いままで求めていたものがとうとう出てきたかって感じる便利ツールですよね。 まだまだ高機能化していきそうでなかなか楽しみなサービス。

Via:Delicious

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする