これはなかなか便利かも。定型文をいくつか用意しておけば、即答することができるし、フィルターに紐付け設定しておけば自動返信もしてくれるのが今回Gm

Gmail メール即返に便利な「定型文による返答」機能をGmail Labsに追加

2008-10-22 | Sigeo | 0 | カテゴリ Gmailの使い方, GTD Lifehacks

Gmailで「定型文による返答」ができる新機能

これはなかなか便利かも。定型文をいくつか用意しておけば、即答することができるし、フィルターに紐付け設定しておけば自動返信もしてくれるのが今回Gmail Labsに追加された機能です。

スポンサードリンク

Gmail Labsに追加された「定型文で返信」機能

「メールは即返すべし。」上級の勉強術でも「仕事を進めるためにも即返は習慣化しなければならない」と説いています。

「即返できない人はのろまか自己中」ちょっと言葉はきついけど、受け入れてその理由を考えてみれば一目瞭然ですよね。私も依頼が来ると、どうしても作業へ先に行きがちですが、その前に即返で「了解です。」だけでも送っておいたほうが双方にとってプラスになります。

ちょっと話がそれましたが、そういったことからも、今回Gmailに追加された「定型返信」機能はとても濃厚なものというわけです。

返信定型文で出来ること

  1. 設定した定型文をドロップダウンメニューで選択して利用
  2. フィルターに割り当てて定型文で自動返信

「定型文で返信」機能設定手順

毎度の事ながら、Gmail Labsは英語版のみで表示されるため、Gmailの「設定」から英語版「English(US)」に変更し、その後「setting」内の「Labs」から「Canned Responses」を「Enable」にすることによって利用可能になります。(※ON / OFFの表記は「Enable / Disable」になっています。)


設定後は先ほどの逆に「setting」の「Language:」で「日本語」に戻しても機能は反映されます。

1. 定型文を作成する

メールを返信する際に「返信定型文」メニューから定型文を選択するだけでメールが出来上がるようになります。

  1. ↓まずメールの新規作成ページを開いて定型文を作成、「件名」の下にある「返信定型文」をクリックして「New canned response」を選択します
  2. ↓分かりやすい定型文のタイトルを入力して「OK」

2. フィルターに割り当てて定型文で自動返信する

フィルタリングした特定のメールに対して定型文による自動返信が行えます。


フィルター設定ページを開いてフィルター設定2ページ目の「返信低検分を送信」で定型文を選択して「フィルタを更新」を押せば完了

なんとも仕事術に繋がる素晴らしい機能ですよね。これを機会にいつでもレスポンスの良いデキル人に変身してみますw

Official Gmail Blog
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする