これはいろいろなことに応用が効きそうなアイデア。 誰かが「いまここで これくらいの雪が降っている」と特定のルールでTwitter投稿すると、Go

Twitterでみんなの降雪情報を集めて マップで視覚化する「#uksnow Tweets」


Twitterで降雪情報 視覚化マップ「#uksnow Tweets」

これはいろいろなことに応用が効きそうなアイデア。 誰かが「いまここで これくらいの雪が降っている」と特定のルールでTwitter投稿すると、Google マップに雪が表示されるというサービスをご紹介。

スポンサードリンク

Twitterで降雪情報を集めてGoogleマップで視覚化させる「#UKSnow Tweets」

#uksnow Tweets」は、Twitterで降雪情報を特定のルールで投稿すると、自動的にGoogleマップへ視覚化して反映させるイギリスのサービス。

さらにTwitPicへ投稿した写真のURLと一緒に投稿すれば、マップを見た人が画像も見れるという算段です。

#UKSnow Tweetsの画面
↑これが降雪情報マップ。ゲレンデ専用なんかがあってもおもしろそうですね。
投稿のルール
↑これがTwitterへ投稿された降雪情報が表示されているところ。投稿のルールは “#uksnow [POSTCODE] [SCORE]/10″ だそうです。 例)”#uksnow NG9 3/10” 。
さらに、”#uksnow [POSTCODE] [SCORE]/10 [TWITPIC-URL]” と、おしりにTwitPicの画像URLを付ければ、マップ画面から画像ページを見れるようになります。
アップされている雪景色
Share photos on twitter with Twitpic
↑これがTwitPicの画像の一例

興味のある方は#uksnow Tweetsへどうぞ。※UKでもかなり話題になっているらしく、たまにサーバーエラーを起こしているようなのでご了承ください。

お天気BOTや電車遅延情報などなど、おもしろい活用方法がたくさん出てきていますが、さらに このようにマッシュアップされたものが出てくると、とてもソーシャルな有益サービスが出来上がってしまうんですね。

Via:Google Maps Mania: #UKSnow Google Map

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする