PSD、AI、XLSX、PPTXなどのプレビューや埋込みに対応したGoogleドキュメントのビューワー。

Photoshopやエクセルのファイルもプレビューできるようになった「Google Docs ビューワー」

2011-02-20 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google 全般, WEBツール・サービス

PSD、AI、XLSXなどのプレビュー

Googleはいったいどこまで、今までの不可能を可能にしてしまうのでしょう。これまで、PhotoshopのPSDファイルなどをサイト上でプレビューさせるには、キャプチャ画像を使ったり、embedit.inなどのサービスを使う必要がありました。

しかし、今回Googleが提供するGoogle Docs Viewerが対応するファイル形式に、新たに12種類が追加されることによって、他のサービスを使うことなく、いままでできなかったサイト上でのファイルのプレビューを行うことができるようになりました。

スポンサードリンク

PSD、AI、XLSXなどのプレビューにも対応した「Google Docs Viewer」

Google Docs – Viewer」は、PDFやPPT(パワーポイント)などのファイルをプレビューするリンクを生成、サイトへの埋込みタグも発行してくれるサービス。今回、新たにフォトショやイラレなど12種類のファイル形式に対応し、より便利なものになりました。

今回追加された12種類のファイル形式

  • Microsoft Excel (.XLS and .XLSX)
  • Microsoft PowerPoint 2007 / 2010 (.PPTX)
  • Apple Pages (.PAGES)
  • Adobe Illustrator (.AI)
  • Adobe Photoshop (.PSD)
  • Autodesk AutoCad (.DXF)
  • Scalable Vector Graphics (.SVG)
  • PostScript (.EPS, .PS)
  • TrueType (.TTF)
  • XML Paper Specification (.XPS)

Photoshop (.PSD)のプレビュー

↑若干読み込みに時間がかかるものの、PSDファイルのURLを指定するだけでサイト上でプレビューを表示させることができます。

Excel 2010 (.XLSX)のプレビュー


↑グラフが簡素化されますが、.xlsx形式のファイルもプレビューすることができます。

.xlsx
↑ちなみに、元にした.xlsxのファイルはこちらです。

ただし、パワーポイント2007以降のスマートアートのプレビューには対応していないのが残念。これがプレビューできると、よりグラフィカルなウェブコンテンツがカンタンに作れるのになと感じます。

Google Docs Viewerの使い方

使い方
↑このツールの使い方はシンプルで、リンクを発行したいファイルのURLを貼り付け、リンク文言を設定して「Generate link」を押すだけ。

するとメール用のリンク、別ページでプレビューするためのHTMLリンクタグ、そしてページ上でプレビューする埋め込みタグの3つが発行されます。

このタグをコピーして、表示させたい場所へ貼りつければOKです。

興味のある方はGoogle Docs – Viewerへどうぞ。

細かい部分ではあるものの、少なからず実現できずにモヤモヤしていたものが、一気に解決されるのは良いものですね。

Via:Docs Blog

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする