逆転の発想で、既存のソーシャルネットワーク クライアントよりもクールに情報収集できるGoogle Chromeアプリ。

TwitterやFacebookで共有されたリンク先を閲覧するのに便利なChromeアプリ「Layers」


FacebookとTwitter、RSSをタイムラインに表示

複数のソーシャルサービスを使っていて、それぞれのタイムラインを同時に表示させたとしても、リンクは新しいタブで開いたりと、煩雑になることは否めません。

今回は、情報収集とアウトプット目的のユーザーに便利なChromeアプリをご紹介します。

スポンサードリンク

共有されたリンクやRSSをタイムライン表示しつつ閲覧できる「Layers」

Layers」は、TwitterやFacebookで共有されたリンク先を、両サービスがマージされたタイムラインを見ながらブラウジングすることができるChromeアプリ。

サイトのRSSをタイムラインに含めることもでき、「情報を一箇所にまとめる」という意味で、とても効率的になりそうです。

FacebookとTwitter、RSSをタイムラインに表示

複数ソーシャルネットワークとサイト
↑2大ソーシャルネットワークとサイトのRSSを表示可能。情報収集を時系列に乗せておこなえます。

ウェブサイトや動画、画像をその場でブラウジング

動画や画像
↑タイムラインに動画や画像がクールに表示される上に、クリックすると、タイムラインを残したまま、画面のメイン部分に表示させることができます。

他のクライアントを使うと、新しいタブで開いたり、表示が小さかったりするので便利になりますね。

RSSも画像をクールに表示
↑アイキャッチ画像のあるサイトであれば、タイムラインに画像が表示されます。イメージとコピーが一緒に伝わるので分かりやすいですね。

デモ動画

↑動画を見ていただけると、使い勝手の良さが伝わりやすいと思います。

リツイートも「いいね!」もその場で可能

いいねと共有
↑コメントや共有したコンテンツに対してリツイートしたり、「いいね!」を押すのもその場でできてしまいます。

興味のある方はLayersのページでChromeアプリをインストールしてください。

既存のSNSクライアントと比べると、ある意味逆転の発想から生まれたものだと言えそうですが、意外とそれが便利になってしまうものですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアルWordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル
価格:¥ 2,709
平均評価:★★★★★
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by インフォグラフィックをご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする