ダイレクトメッセージや検索結果、グループのみのタイムラインもモニタリング可能。

Twitter複数アカウントのTLをカスタマイズして流せる「TwitHive」


TwitterのTLをカスタマイズして流せるtwithive

Twitterクライアントでも、通常のTLや検索結果、グループ表示できるものもあると思います。

しかし、ここまで設定の自由度が高いものはなかなかないのでは?というサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

TwitterのTLをカスタマイズして流せる TwitHive

TwitHive」は、Twitterのタイムラインを、通常のものだけでなく、会話のみ、検索結果、グループ化、ダイレクトメッセージのみといったカスタマイズを施して、ブラウザ上にいくつも表示させることが出来るサービス。

特に複数アカウントの管理、ダイレクトメッセージや自分との会話のみの設定を出来るところが便利です。

TwitHive の特徴

  • Twitterアカウントを複数管理可能
  • TLをグループ化、検索結果、DMなどにカスタム可能
  • つぶやきやリプライなどを、その場にポップアップ表示された画面から投稿可能
  • ユーザー情報も豊富に表示

20インチワイドで5つくらいの表示が可能


1024×768サイズで3つくらいです。

つぶやき、DMが便利

↑つぶやきやダイレクトメッセージは、その場にポップアップ表示された画面から送ることが出来ます。

グループ化もシンプルな操作

↑メニューの「Add Channel」から「Group」を選択すると、一覧からユーザーを追加できます。

ユーザー情報も豊富

↑ユーザー名をクリックするとその場に情報を表示。フォロー、フォロワーの情報も表示され、その場でフォローすることも可能です。

早速試してみたい方はTwitHiveへどうぞ。Twitterアカウントでログインできます。

複数アカウント管理できて、DMも表示できることからも、個人的に非常に便利だと感じています。モニタリングにも最適。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする