市場調査データを斬る。マーケティングをする上で、市場調査データは重要ですが、それを鵜呑みにしてはいけない!深堀りすることによって、本質を捉える。

マーケティングリサーチ のカテゴリー

スポンサードリンク
日本のWi-Fi ホットスポットは、世界と比較すると どの程度なのかを視覚化
日本のWi-Fi ホットスポットは、世界と比較すると どの程度なのかを視覚化
日中は池袋にいる私ですが、HT-03Aを手にしたのでWi-Fi ホットスポットがどこにあるのかを調べていました。しかし、ほとんどありゃしない。。。そこで、日本のWi-Fi ホットスポットは、世界と比較するとどの程度充実しているのか気になってしまい、早速調べてみました。世界のWi-Fi ホットスポット» 詳細を見る
アジアのブログはメディア価値は低いが可能性は大きい!?
日本にも「アルファブロガー」なる言葉があり、ブログ投稿数が世界一という一見華やかな部分があります。 しかし世界と比べて日本のブロガーは本当に華やかなものなのでしょうか。 昨年その日本語が世界一の投稿数であることを発表したTechnoratiが、2008年度版を公開したので少し深堀りしてみました» 詳細を見る
北京オリンピックメダル獲得数とGDP,人口の関係をヒートマップで視覚化
北京オリンピック、中国が圧倒的に強いですよね。母国開催ということもあるけど、他にも何か要因があるんじゃないかということで、よく言われているGDPや人口との関係を「外部データ取り込み機能が意外と楽しいGoogleスプレッドシート」でご紹介した方法で作ってみました。 メダル獲得数ヒートマップ ↓各» 詳細を見る
AMN読者アンケートご回答のお願いです
いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。記事をかけなかった日にも見ていただいているというデータを見ると、どんなに忙しくても「書きたい。」、「役に立ちたい。」という気持ちでいっぱいになります。 そんなわけで!?今回は私も参加しているAMNの読者アンケートに是非ご協力をいただきたいと思います。» 詳細を見る
日本のWEBサイト利用者数ランキングをグラフで読み解く 【2008年3月】
comscoreで公開されていた日本のWEBサイト利用者数のランキング。春休みの影響が結果に出ているとITmedia Newsでも紹介されていました。果たしてそれは本当なのか、少し深堀りしてみました。 日本のWEBサイト利用者数ランキングをグラフで 何よりもまずは視覚化ということでグラフを起こ» 詳細を見る
ロシアの検索エンジンシェアから見る日本でのGoogleの展開
Google Blogoscopedの記事にcomScoreのロシアの検索エンジンシェアについての記事があり、その調査結果に対して興味深さを感じました。 ロシアの検索エンジンシェア この結果を見て、あなたは何かを感じませんか? そう、Yahoo!とYandexが入れ替わっているものの、日本の» 詳細を見る
世界のドメイン登録数を視覚化したタグクラウド調マップ
 これは分かりやすい、それと共に意外な国でインターネットが広まりつつあることも分かってきます。 世界のドメイン登録数タグクラウド調マップ  245カ国のURLとメールアドレスから割り出しているこのマップ。どの国でウェブサイトやメールアドレスが多く作られているかが一目で分かります。 .comは» 詳細を見る
2007年、Googleで最も伸びたサービスはiGoogle、GmailとGoogleマップは接戦
comScoreによると、2007年にGoogleで最も伸びたサービスはiGoogleであるという結果が出たそうです。それはともかく、このデータからいろいろなものが読み取れそうなのでご紹介しておきます。 06,07年度のGoogleサービスユニークユーザー数グラフ Via:TechCrunc» 詳細を見る
フランスのGoogle検索シェア、90%を超える
Googleがフランスで検索シェア90%に達したとか、イギリスのGoogleで75%を超えている状況ですが、それ以上に人気のようです。 フランスでのGoogle検索シェア 日本でも フランス検索市場のシェア ↑とんでもないシェアですね。Yahoo!が日本や中国頼みになるのも分かる気がします» 詳細を見る
テレビCMの「つづきはWEBで」は、一筋縄では効果がない
HAKUHODO Inc.,ニュースより、 大手広告代理店らしく、都合の悪いデータは発表されていませんがww日用消費財のテレビCMに検索窓をつけていると、検索窓をつけていないときよりも検索数が10.1倍になるとか??? そのなかで興味深かったのは、単に検索窓が表示されているだけでは検索数増加にほ» 詳細を見る
海外の採用動向から企業の動きを図解して見れるグラフ
おもしろいグラフ作成サービスが紹介されていたので、違った角度からご紹介してみます。 アメリカの企業採用動向グラフ そもそもこれはアメリカのJob検索サービス。 そのツールのひとつに企業ごとの採用情報の量を計測してグラフ化するものがあるんです。 Google対Yahoo! 早速比べてしまい» 詳細を見る
ブログやSNSよりも「Wikipedia」!?幅広い年齢層が利用
ケータイ白書 2009 (CDROM付) 価格:¥ 7,140 平均評価:納期:在庫あり。Amazon で詳細を見る by WEB担当者向けの書籍ランキング コミュニティサービスなどの利用状況は、「発言・書き込みをしている」ユーザーは「ブログ」24.4%が最も多く、次いで「SNS」17.3%、「掲» 詳細を見る
Google利用者はタイトル文字の内容を重視する
アイレップSEM総合研究所とジャパンマーケットインテリジェンスは6月11日、消費者の検索エンジン利用実態についてWeb Eye手法によるアイトラッキング調査を共同で実施した。 なるほどと思うような調査結果ですね。Googleの使い方と言うものが浮き彫りになります。 Googleユーザーはタイト» 詳細を見る
公式メニューより検索エンジン!10代男性のモバイル利用状況
Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアリサーチと共同調査のもと、10代男性のモバイル利用状況について調査を行った。 モバイルの検索エンジンは、まだまだ未熟と言われていますが、ユーザーの利用状況はどうなのでしょう。 Webマーケティングガイド調べ » 詳細を見る
平成18年、インターネット利用状況-マーケティングリサーチ
総務省調べ 平成18年の最新インターネット利用状況が発表されていました。 (1) インターネット利用率 (個人、企業及び事業所) インターネットの個人利用率は75.7%となり、若干上昇した。企業利用率は98.8%、事業 所利用率は85.6%と、ほぼ横ばいの状態が継続。 ここらへんは特に変わ» 詳細を見る