キーワードリサーチやターゲット層の絞込みを行うには欠かせなさそうなツール、「Demographics Prediction」。ご存知の方もいらっ

検索キーワードの男女比や年齢層を調査できる「Demographics Prediction」


検索されたキーワードの年齢層や男女比を表示する「Demographics Prediction」

キーワードリサーチやターゲット層の絞込みを行うには欠かせなさそうなツール、「Demographics Prediction」。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、備忘録として書き留めておきます。

スポンサードリンク

検索キーワードの男女比、年齢層を解析

本当に正確な情報なのかと言われると、推測だとしかいえませんが、このサイトでも利用しているなかの人,jpでは、

累計数千人のアクセスがあった場合に、そのトラフィックのアクセス元の動向から男女や年齢を推測します。トラフィックが多いほど正確になります。

と言っています。

後ほど調査例をご紹介しますが、その結果からも決して間違いではないというものが得られました。

Demographics Predictionの画面

Demographics Predictionのインターフェース

キーワードと共に、URLからも男女比、年齢層を調査することが可能です。

解析結果項目

男女比解析結果

↑「とんこつラーメン」での男女比、コメントにも「男性志向」というようにサマリーが表示されます。

年齢層解析結果

↑これは「とんこつラーメン」での年齢層、コメントでは絶対数では25~34才の年齢分布が中心であると言っています。グラフ欄の青い「General Distribution」が検索全体での平均であり、紫の「Predicted Distribution」が、このキーワードでの予測になります。グラフから見て取れるように、18歳以下の年齢層で、通常よりも検索する回数が多いようですね。

Google 対 Yahoo! Japan

恒例?のGoogleとYahoo比較も試してみました。

Google

Google解析結果

↑Googleの結果、なんと女性のほうがかなり多い!76世代付近も意外と少なく、24歳以下でユーザーが多いようです。

Yahoo! Japan

Yahoo解析結果

↑男女比はほぼ同等、18歳以下が少ないことが将来に不安を感じさせます。

ここまで見てきてご理解いただけると思いますが、完全に正確なデータではないけれども、ターゲットを見極めるには非常に使えるツールではないでしょうか。

自分の考えに反した結果が出てくれば、かなりのチャンスなのかもしれません。マーケティングを楽しくしてくれそうなツールですね。試してみたい方は、distributionへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする